Fandom


Devastator

インペリアルI級スター・デストロイヤーのイオン・エンジン

イオン・エンジン(Ion engine)、別名イオン・ドライブ(Iion drive)、イオン・スラスター(Ion thruster)は一般的な亜光速ドライブ装置。スターシップの船体後部で荷電粒子を生成し、船に推進力を提供した。TIEシリーズ・モデルのスターファイターはいずれもツイン・イオン・エンジンを搭載していた。

銀河帝国インペリアル級スター・デストロイヤークワット・ドライブ・ヤード社デストロイヤーIイオン・エンジンシグナス・スペースワークス社ゲモン4イオン・エンジンを搭載していた。

銀河内戦終結から数十年後、ファースト・オーダーレジスタンス冷戦の頃、サイナー=ジェイマス・アーミー・システムズ社およびサイナー=ジェイマス・フリート・システムズ社はそれぞれSJAS-210SJFS-200a等の亜光速イオン・エンジンを開発していた。

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。