Fandom


イクトッチイ(Iktotchi)は衛星イクトッチの過酷な環境出身のヒューマノイド知覚種族である。頭の左右から下向きに生えた2本の角が特徴で、肌は濃淡さまざまの褐だった。銀河共和国時代末期にジェダイ最高評議会のメンバーを務めたジェダイ・マスターサシー・ティンがこの種。

生態と特徴

イクトッチイは頭部の左右から下向きにカーブを描いて生えた2本の角と、褐のトーンの肌を特徴とする[3] ヒューマノイド知覚種族であり[4]近人間に分類された。[2] イクトッチイは故郷である衛星イクトッチの過酷な風から体を保護するのに役立つ分厚い肌を備えていた。またイクトッチイは生まれつきテレパシー予知能力を持っており、ジェダイ・オーダーからは重宝されていたが、他の種族から恐れられる原因にもなっていた。[4]

社会と文化

イクトッチイは高度な知性を備えているにも関わらず、なかなか銀河系の社会に溶け込むことができなかった。イクトッチイは攻撃的に思える外見をしていたが、生まれつき神経質な性格だったのである。[4]

銀河系におけるイクトッチイ

銀河共和国時代の末期、サシー・ティンという名のイクトッチイがジェダイ・オーダーに仕え、ジェダイ・マスターの階級に就いていた。彼はジェダイ最高評議会のメンバーであり、熟練したライトセーバーの使い手であると同時に、優秀なパイロットでもあった。[6] また彼はイクトッチイ特有のテレパシー能力でも有名だった。[4] ティンはクローン戦争ジェダイ将軍として活躍したが[6]、戦争の終盤、共和国のシーヴ・パルパティーン最高議長ことシスの暗黒卿ダース・シディアスとの対決に破れ、命を落とした。[8]

同じ時代、イクトッチイのフェレン・バーパダワンとしてジェダイ・オーダーに仕えた。バーはオーダー66を生き延び、逃亡生活を送りながら、自身の信奉者のグループを形成した。帝国時代の初期、バーは惑星モン・カラリー=チャー顧問を務め、モン・カラマリ銀河帝国敵対するよう仕向けた。帝国軍によるモン・カラ攻撃のさなか、バーはジェダイの生存者を追っていた尋問官の攻撃をしのいだものの、シス卿ダース・ヴェイダーによって殺された。[7]

イクトッチイのコンピューターエンジニアダジオ・ベルコーズ共和国未来プログラムを卒業し、クローン戦争期にドクターグーバッカー率いる人工知能チームの一員として共和国に仕えた。ベルコーズは、共和国が極秘で開発していた深宇宙機動性バトル・ステーションの建造現場で使用予定の強化型監督ドロイドの設計に携わった。[2]

登場エピソード

SaeseeTiin-SWE

イクトッチイのサシー・ティン

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。