Fandom


イセイン・アイサード[1](Ysanne Isard)は、皇帝パルパティーン4 ABYに死亡した後、一時的に銀河帝国の実権を握った人間女性である。数間にわたって帝国情報部長官を務めた。アーマンド・アイサードの娘だった彼女は、若くして情報部に加わり、模範的なフィールド・エージェントに成長した。エンドアの戦いの後、バクタ大戦新共和国と対立し、敗北する。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。