Fandom


イメージキャスター(Imagecaster)はナブーの侵略以前にソロスーブ社が製造した手持ち式の円盤型パーソナル・ホロプロジェクタージェダイ・オーダーのメンバーの標準装備だった。

特徴

ソロスーブ社製のイメージキャスターは携帯用のパーソナル・ホロプロジェクターだった。他のホロプロジェクターと同様、光線の干渉により形成される3次元ホログラム映像を投影した。手の平大の円盤型装置で、コムリンクと同調させればホログラムの送信や双方向通信も可能になった。映像記録機能もあり、100分の映像を保存できた。外包リングに取り付けられた3本の湾曲アームは、下方へ回転させることでスタンドの役目を果たし、装置を水平に設置することができた。[1]

歴史

ナブー危機当時、ソロスーブ社製イメージキャスターはジェダイ・オーダーのメンバーの標準装備だった。ナブー危機のさなか、砂漠惑星タトゥイーンを訪れたジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンは、パドメ・アミダラ女王ナブー・ロイヤル・スターシップの映像をイメージキャスターに保存した。彼はこの画像をジャンク商人ワトーとの取り引きで使用した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。