Fandom


インチョム道場(Yinchom Dojo)は帝国時代惑星コルサントにあった武術の道場である。トゴリアンフシシが道場主を務めた。

歴史

人間ジュアヒア・マドラスウェイトレスの仕事を辞めた後、インチョム道場の従業員になった。彼女は反政府活動家“ナイトスワン”が画策した陰謀に加担しており、この道場に通っている元老院議員ボディガードとコネクションを築き、銀河帝国政府の情報を収集しようとしていた。同じ頃、ジュアヒアの友人でハイヤー・スカイズ権利擁護団体のメンバーであるアリンダ・プライスも生徒として道場に通っていた。しかしアリンダは友情よりも出世を選び、陰謀に関する情報を帝国のスローンウルフ・ユラーレン大佐に提供した。ハイヤー・スカイズとインチョム道場のメンバーは帝国保安局によって逮捕されたが、道場主のフシシは無罪と認定され、拘束を免れた。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。