インピーディング・アサルト・タンク(Impeding Assault Tank)、略称IATは、アンバラン・クローラー・タンク(Umbaran crawler tank)はアンバラン民兵が開発したムカデに似た地上用タンクである。地面を這い回るようにして移動し、大量のブラスター砲で敵の歩兵を圧倒した。

特徴

第501軍団と戦うIAT

アンバランのインピーディング・アサルト・タンクはムカデに似た全長54.78メートルの地上用ビークルで、頭部にパイロット1名が乗り込むコックピットがあった。IATはボディをくねらせながら大量の足を使って移動し、頭部に関節式キャノン4門、尾部に2連砲2門、そし各体節に計10門の回転式2連ブラスター砲を装備していた。アンバラン民兵の他のビークルと同様、IATは強力なレイ・シールドを備えており、ブラスターの銃撃が通用しなかった。また、パイロットはタッチ操作式のホログラフィック・インターフェースを通じてIATを操作した。

歴史

クローン戦争中、アンバラン民兵のインピーディング・アサルト・タンクは惑星アンバラ防衛戦に参加した。アンバラのジャングルを進軍していた共和国グランド・アーミー第501軍団クローン・トルーパーは、地中から現れたIATによって大量の犠牲者を出した。トルーパーたちはブラスターではこの新手の敵に太刀打ちできないことを悟り、サーマル・デトネーターミサイル・ランチャーを使ってIATを撃退する。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。