インペリアル・コンバット・スピーダー

Imperial combat speeder.png

Eras-canon-ja.png

Blue-question-mark.png

この記事のタイトルは正式名称ではありません。

正式名称が不明のため、記事名に仮のタイトルが使われています。

「小僧め、今度こそ…逃がしはせぬぞ」
―ダース・ヴェイダー[出典]

銀河内戦中、帝国軍では型名不明のコンバット・スピーダーが使用されていた。開閉式のコックピットを持つ1人乗りスピーダーで、機体後部の翼にレーザー砲を装備していた。

歴史

衛星サイムーン1にある銀河帝国最大の武器工場兵器廠アルファには少なくとも4機のインペリアル・コンバット・スピーダーが配備されていた。兵器廠が反乱同盟軍の襲撃を受けた時、コンバット・スピーダーとAT-STウォーカーアサルト・タンクが侵入者を迎え撃ち、ハン・ソロレイア・オーガナに奪取されたAT-ATウォーカーと戦った。また、シス卿ダース・ヴェイダーはコンバット・スピーダーに乗ってルーク・スカイウォーカー74-Zスピーダー・バイクを追撃した。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。