ウィジク・モザー(Wizzich Mozzer)はサイクロリアン男性で、ファースト・オーダー戦争を繰り広げるレジスタンスに仕えた技術者である。極端なほど好奇心が強く、独立性が強いモザーはサイクロリアン以外の種族との交流に強い関心を持ち、サバックを覚えると自分の群れに広めた。35 ABY当時、彼は衛星エイジャン・クロスにあるレジスタンス基地に配属されていた。

経歴

サイクロリアン男性、ウィジク・モザーは同じ群れのサイクロリアンたちと一緒にレジスタンスに加わった。ファースト・オーダーとの戦争の時代、モザーはレジスタンスのために技術者として働き、ジャングル衛星エイジャン・クロスにあるレジスタンス基地に配属されていた。[1]

モザーは他のレジスタンスのメンバーからサバックのやり方を教わり、自分の群れに広めた。サイクロリアンの監督者であるヴァゼット・ディプターズはサバックのせいで群れの集中力が落ちるのではないかと心配したが、モザーたちが20の休み時間の中で楽しんでいるうちは文句を言わないでいた。[1]

35 ABYレジスタンス・パイロットテミン・ウェクスリーが、惑星パサーナ派遣されたレジスタンスのメンバーとの連絡が途絶えたことをレイア・オーガナ将軍に報告した時、モザーはCR90コルベットタナヴィーIV>の下に立っていた。またオーガナが息子のベン・ソロフォースで接触するため席を外した際、モザーは基地の司令センターにいた。オーガナの後、ポー・ダメロン将軍が惑星エクセゴルシス・エターナル軍勢への攻撃計画について説明した際、モザーはウーキーチューバッカの隣に立ってこの会合に参加した。[2]

個性と特徴

ウィジク・モザーはサイクロリアンにしては珍しいほど好奇心が強く、独立心が強い性格であり、サイクロリアン以外の種族と交流することに強い関心を抱いていた。彼の肌は灰で、青い複眼のを備えた。[1]

装備

モザーはフェロモンの匂いを嗅ぎ分けるマスクを装着し、茶色の模様付きのスカーフを首に巻き、薄茶色のジャンプスーツと茶色のジャケット、黒いブーツを身に着けていた。[1]

制作の舞台裏

ウィジク・モザーは2019年12月20日公開のシークエル・トリロジー最終作『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で初登場を果たした。[2] 俳優はワーウィック・デイヴィス[3] またキャラクター名はパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』で判明した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。