Fandom


ウィルサ・テシロ(Wilsa Teshlo)はケッスリアン女性で、海賊。彼女はもともと玉座の第二継承者“シラス”として生まれたが、族としての暮らしを拒否して宮殿から逃げ出し、海賊グループのヴェールド・ソロリティに加わった。彼女はエリート・パイロット・スクールで鍛えた腕を役立て、ファースト・オーダーのために貨物を運ぶ企業の貨物船に対して略奪を働いた。35 ABY、テシロはレジスタンスの呼びかけに応え、ファースト・オーダーやシス・エターナルと戦うため未知領域惑星エクセゴルに駆けつけた。テシロはこの戦いを生き延び、レジスタンスの勝利を祝うためジャングルエイジャン・クロスにある基地に集った。

経歴

ウィルサ・テシロはケッスリアンの社会における族の一員として生まれた。彼女は王位の第二継承権を持つ“シラス”だったにもかかわらず、王族として縛り付けられることを嫌って宮殿から脱走した。テシロの失踪後、周囲は彼女が海賊に誘拐されたと思いこんだが、実際は自らの意志で海賊グループのヴェールド・ソロリティに加入していた。かつてエリートのパイロット・スクールに通っていたテシロは、その技術を活かし、ファースト・オーダーに雇われて貨物を運ぶ企業の運搬業者に対して襲撃を行った。[1]

35 ABY、ファースト・オーダーとレジスタンス戦争を繰り広げていた頃、テシロはどちらの勢力にも属していなかったが[1]、レジスタンスのランド・カルリジアンの呼びかけに応え、ファースト・オーダーやシス・エターナルとの決戦に力を貸すことを決断した。テシロは同じ意志のもとに集った大艦隊に加わり、未知領域を旅して惑星エクセゴルの戦場に馳せ参じた。レジスタンスが戦いに勝利を収め、シス・エターナル艦隊が壊滅した後、テシロはジャングルエイジャン・クロスにあるレジスタンス基地を訪れ、他の人々と一緒に記念すべき勝利を祝った。[2]

個性と特徴

テシロはケッスリアン種族の女性で、い肌に茶色い、オレンジのを持ち、種族特有の鋭い感覚のモントラルを備えていた。彼女は王族の一員として生まれたにも関わらず、その暮らしを嫌がり、自らの意志で海賊になる道を選んだ。ほかの無所属の者たちと同様、テシロはそれまでファースト・オーダーとレジスタンスの戦争に巻き込まれるのを避けていたが、エクセゴルの戦いではレジスタンスに力を貸すことを決意した。[1]

技術と能力

海賊グループのヴェールド・ソロリティに加わる以前、テシロは一流のプライベート・パイロット・スクールに通った経験があり、そこで鍛えた操縦の腕前を海賊行為に役立てていた。[1]

装備

テシロは白いフライト・スーツを着用し、腰の茶色いベルトブラスターを下げていた。また彼女は当時アンティークの品であるK-22995ヘルメットを所有していた。[1]

制作の舞台裏

ウィルサ・テシロは2019年12月20日公開のシークエル・トリロジー最終作『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で初登場を果たした。[2] また、キャラクター名は映画公開日に発売されたパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』で初めて判明した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。