Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「いまあなたが家から追い出されたとしたら、どうやって暮らしていくの? 生き残るために必要なことが、あなたにできる? もし武器があれば飢えずにすむとしたら、棍棒やナイフや、ブラスターを使う気になるかしら?」
―幼いウィルハフに対し、その母[出典]

ウィルハフ・ターキンの母親人間女性で、銀河共和国衰退期にや召し使いノマと共に惑星エリアドゥに住んでいた。彼女は背の高い女性で、食事のたびに高価な服を身にまとい、数時間のかかる手の込んだヘアスタイルをしていた。彼女と夫は、幼い息子にターキン家の一員としての振る舞いや、主人と召し使いの立場の違いを教え込んだ。[1]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。