Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「わたしの言葉を覚えておけ。この戦争は、いつまでも続く。すべての世界が代償を払うまで終わらないだろう。ありがたいことに、そうなるころにはわたしは生きていないだろうが」
―ウィルハフ・ターキンの父親[出典]

ウィルハフ・ターキンの父親人間男性で、銀河共和国時代の末期にや召し使いのノマと共にアウター・リム・テリトリー惑星エリアドゥに住んでいた。エリアドゥの黎明期から続くターキン家のメンバーとして、彼は若い頃にキャリオン・プラトーの試練を乗り越えた。

経歴

「この上品な家から一歩外へ出れば、多くの者たちが生き残ろうともがいているのだ。わたしたちが昔からずっとこんな贅沢な暮らしをしてきたと思うか? エリアドゥが最初から住みやすい場所だったとでも思っているのか? すべてを持っている状態から、なにも持っていない状態へ、いとも簡単に変わってしまうことがわかるだろう?」
―幼いウィルハフに対し、その父[出典]

彼の息子ウィルハフはエリアドゥの自衛部隊辺境域保安軍将校として活躍し、ジュディシアル・アカデミーを卒業した後、故郷へ戻り総督となった。しかしウィルハフは分離主義危機の末期に政界から軍隊へ転身する決意を固めた。父親は息子の決断に否定的で、故郷エリアドゥのために今の地位に留まるべきだと考えていた。彼は最後にはウィルハフの意志を尊重したが、分離主義危機を発端とする戦争は銀河に大きな災禍をもたらすだろうと警告した。[1]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。