Fandom


ウィンダム・トラデュシア(Windom Traducier)は惑星シャンドリラ出身の人間男性で、セネト・ガードとして新共和国に潜り込んでいた銀河帝国の秘密エージェントである。ガリアス・ラックス元帥に仕えていたトラデュシアは、エンドアの戦い皇帝シーヴ・パルパティーンが死んだ後も、新共和国であるシャンドリラに正体を隠して留まった。5 ABYキャッシークアシュミーズ・ロック刑務所から捕虜が解放されたことを祝し、シャンドリラで解放記念日の式典が行われた際、トラデュシアはバイオチップが埋め込まれた元囚人たちをトランスポンダーで誘導する役割を担った。囚人たちがモン・モスマ議長をはじめとする新共和国高官たちの命を狙う襲撃事件を起こした後、トラデュシアは新共和国保安局によって逮捕され、尋問を受けた。取調室にて、トラデュシアは帝国から新共和国へ離反した元忠誠将校シンジャー・ラス・ヴェラスによってバイブロ=ナイフで刺殺された。[1]

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。