Fandom


Wayfinder-TROS-GG

シス・ウェイファインダー

ウェイファインダー(Wayfinder)はジェダイシス宇宙の辺縁を開拓する際の道標として利用した、古代のテクノロジーである。これらの装置は、生物学的な能力を使ってハイパースペースを移動することで知られる巨大生物パーギルを研究して作り出された。ウェイファンダーはハイパースペースを安全に航行するための案内役として用いられ、航法コンピューターのテクノロジーがまだ未発達だった頃には、最初期のハイパースペース探索において重要な役割を果たした。[1]

ジェダイとシスはどちらも、ウェイファインダーにフォースを沁み込ませ、フォース感応者でなければこの装置を起動できないようにした。そうすることで、彼らはウェイファインダーに記録した情報の秘密と安全を守ろうとしたのである。またジェダイ・スター・コンパスもウェイファンダーと同様の機能を持っていた。[1]

歴史

最後のシスの暗黒卿である銀河皇帝シーヴ・パルパティーンダース・ヴェイダーは、未知領域に属すシスの秘密の惑星エクセゴルへの道標となるシス・ウェイファインダーを1つずつ所有していた。ジェダイの聖典の1冊であるラマゴンには、このシス・ウェイファインダーに関する情報が記述されていた。[1] 35 ABYファースト・オーダー最高指導者カイロ・レンは、惑星ムスタファーコーヴァックス・フェンウィンシットのアラズメクを虐殺し、このカルト組織によって保管されていたヴェイダーのウェイファインダーを手に入れた。彼はこの装置をTIE/wi改造型インターセプターに繋ぎ、エクセゴルの場所を突き止めた。[2]

それからしばらくして、ジェダイのレイオーチの剣に刻まれていた紋様をヒントに、衛星ケフ・バーに墜落した第2デス・スター残骸の中に皇帝のウェイファインダーが残されていることを突き止めた。彼女は皇帝の玉座の間の廃墟に設けられた宝物庫を訪れ、ダークサイドによって蝕まれた自分自身のフォース・ヴィジョンと対峙した。レイはなんとか皇帝のウェイファインダーを手に入れたものの、この装置はカイロ・レンによって破壊されてしまった。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。