Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

<ウェイワード・カレント>(Wayward Current)は新共和国時代に活動した長距離輸送船である。船長トゥーマ・ザ・ハット。さびれたムーシー星団から、にぎやかな惑星カントニカカジノ都市カント・バイトへ乗客を運ぶツアーなどを行っていた。[1]

カイト・バイトへの6間の旅が終わりかけていたある日、<ウェイワード・カレント>の食堂に10数名のクルーが集まり、それぞれが知っているルーク・スカイウォーカーにまつわる伝説的な物語を語り合った。[1]

制作の舞台裏

<ウェイワード・カレント>は2017年に発売されたケン・リュウによる正史の小説『ルーク・スカイウォーカーの都市伝説』で初登場を果たした。この小説のメインの時系列は<ウェイワード・カレント>を舞台として進み、クルーたちの会話から、それぞれ舞台や時系列が異なる、ルーク・スカイウォーカーの伝説的な物語が展開される構成となっている。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
Advertisement