Wookieepedia
Advertisement

「“ばっちし装填済み”? そんな言い回しをどこで覚えたんだ?」
「ウェッソンが教えてくれた」
シュリヴ・スールガヴゼイ・ヴェルシオ[出典]

ウェッソン・ドーヴ(Wesson Dove)は新共和国レジスタンスに仕えた女性パイロットである。レイダ・ドゥーンとは相棒にして、女性同士のパートナー。ドーヴは新共和国軍スターファイター隊ファントム中隊のメンバーとして銀河内戦に参加し、のちにレイダとともにアウター・リム惑星マイギートーに住み着くと、長距離輸送を生業とするパイロットとして働き始めた。しかし34 ABYに発生したクレイトの戦いの後、ドーヴは妻とともにレジスタンスの残党に合流した。彼女たちはシュリヴ・スールガヴ率いるドロス中隊の一員として、惑星ブラッカで廃船の回収任務に参加した。[1]

制作の舞台裏

ウェッソン・ドーヴは2019年に発売されたレベッカ・ローンホースによる正史小説『レジスタンスの復活』で初登場を果たした。[1] ローンホースは読者からの質問に対し、ドーヴとレイダ・ドゥーンは映画『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』のエキストラ・キャラを基に創作したわけではなく、自分自身で造り出したキャラクターであると答え、彼女たちが銀河系を旅して回る『ドゥーン&ドーヴの冒険』というコミックを思い描いている、とコメントしている。[2]

登場作品

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 レジスタンスの復活
  2. TwitterLogo.svg @RoanhorseBexレベッカ・ローンホース) - Twitter. “Raidah Doon and Wesson Dove are my creations (no TRoS connection that I know of) but I totally envision a comic called "The Adventures of Doon & Dove" where they go on adventures throughout the galaxy. Is that too much to ask?”
他言語版
Advertisement