ウォディビン(Wodibin)はスアートン男性で、惑星カントニカカント・バイトにあるカジノの常連客である。ウォディビンとソディビンドディビンの3兄弟は恐ろしいツキを持つギャンブラーで、“ラッキー・スリー”の異名で知られた。ある日、3兄弟は幸運に見放されたギャンブラーのカルジャック・ソンミと親しくなり、彼と一緒にカジノを楽しんだ。[2]

制作の舞台裏

俳優のワーウィック・デイヴィスが映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』でウォディビンを演じた。デイヴィスはスター・ウォーズ シリーズで他にもウィケット・ウィストリ・ウォリックウォルドウィーゼルウォリヴァンウィーティーフ・シユ=ビーといったさまざまなキャラクターを演じている。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。