Fandom


ウォルフィッド・ドーナ(Wolfid Dorna)は人間男性で、34 ABY惑星カントニカカント・バイト警察本部に収監されていた囚人である。[1] 同じくカント・バイト警察に捕らえられていたDJスケルトン・キーを使って独房の扉を開けた際、ドーナは他の囚人たちとともにそれぞれの房の入り口に駆け寄り、自分も外に出してほしいと訴えた。しかしDJは彼らを救うことなく去って行った。[2] ドーナは刑務所で赤いシャツの上に青いコートを羽織り、黒いブーツを履いていた。[1]

制作の舞台裏

ウォルフィッド・ドーナは2017年12月15日公開の映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』に登場するキャラクターである。キャラクターの名前は映画公開日に発売された設定資料集『スター・ウォーズ 最後のジェダイ ビジュアル・ディクショナリー』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて明かされた。

登場エピソード

参考資料

脚注


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。