Fandom


「イオン魚雷、発射!」
―ウォーナ・ゴバン[出典]

ウォーナ・ゴバン(Wona Goban)は人間女性で、共和国再建のための同盟に所属したスターファイターパイロットである。0 BBY当時、Yウイングボマーから成るゴールド中隊に所属し、コールサインゴールド9”を任されていた。ゴバンとゴールド中隊はスカリフの戦い銀河帝国インペリアル級スター・デストロイヤーパーセキュター>をイオン魚雷で仕留め、反乱同盟によるデス・スター設計図の獲得に貢献した。

経歴

Persecutor

スター・デストロイヤーへの爆撃

人間女性[1]、ウォーナ・ゴバン[2]スターファイターパイロットとして共和国再建のための同盟に仕えた。0 BBY当時、彼女は衛星ヤヴィン4にある同盟軍基地ベース・ワンに配属され[1]ジョン・“ダッチ”・ヴァンダー隊長率いる[2] ゴールド中隊に所属していた。彼女のコールサインゴールド9で、他の隊員と同じくYウイング・ボマーに搭乗した。この年、ゴバンとゴールド中隊ラダス提督率いる同盟軍艦隊の一員としてスカリフの戦いに参加した。“ローグ・ワン”を自称するチームがデス・スター設計図を手に入れるため惑星スカリフの地上で戦うあいだ、ゴバンたちは惑星軌道に浮かぶシールド・ゲートの外で2隻のインペリアル級スター・デストロイヤーTIEファイターの大軍と戦った。[1]

戦闘中、ゴバンとゴールド中隊はスター・デストロイヤーパーセキュター>に爆撃を行うチャンスを掴んだ。ゴールド・リーダーが突破口に気づくと、ゴバンも彼の後に続き、他の隊員たちとともにイオン魚雷をスター・デストロイヤーに撃ち込んだ。<パーセキュター>はこの攻撃によって完全に機能を停止した。その後、ラダス提督はスカリフの惑星シールドを消滅させて地上にいるローグ・ワンから設計図のデータを受信するため、スフィルナ級コルベットライトメイカー>を<パーセキュター>に体当たりさせ、もう1隻のスター・デストロイヤー<インティミデイター>と衝突させた。2隻の巨大軍艦は崩壊しながらゲートに落下し、データ送信を妨げていたシールドを消し去った。ゴバンやゴールド中隊の活躍もあり、反乱同盟は超兵器の設計図を手に入れ[1]、帝国を相手に初となる大勝利を挙げた。[1][3]

装備

他の反乱軍パイロットと同様、ゴバンもオレンジフライト・スーツ[1] コーンセイヤー・マニュファクチャリング社K-22995ヘルメットを身に着けていた。ゴバンのヘルメットのデザインは灰色を基調としており、オレンジ色のプラステックス製バイザーの上の頭部前面にチェッカー模様が入っていた。[2]

制作の舞台裏

ウォーナ・ゴバンは2016年12月16日に公開されたアンソロジー映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。女優はギャビー・ウォンで、エンドロールにクレジットされている役名は「ゴールド9」。[1] このキャラクターの声は、アニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』のヘラ・シンドゥーラ役で知られる声優ヴァネッサ・マーシャルによって吹き替えられている。[4][5] ウォーナ・ゴバンという名前は映画公開日に発売された設定資料集『スター・ウォーズ ローグ・ワン アルティメット・ビジュアル・ガイド』(パブロ・ヒダルゴ著)で判明した。この名前はギャビー・ウォン(Gabby Wong)の綴りをもじったものである。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。