Fandom


この記事はトワイレックを扱っています。お探しの記事はアイソリアンのウーラかもしれません。

ウーラ(Oola)はトワイレック女性で、タトゥイーン犯罪王ジャバ・ザ・ハットに仕えたダンサー。彼女は同じ種族ビブ・フォーチュナに騙されて砂漠の惑星タトゥイーンへ連れて行かれ、犯罪王とその取り巻きを満足させるよう命じられた。エンドアの戦いの直前、ウーラはジャバの誘いを断ったため彼の逆鱗に触れ、ランコアの餌にされてしまった。

経歴

ウーラはアウター・リム・テリトリー惑星ライロスに生まれた。犯罪王ジャバ・ザ・ハットメジャードモを務めるトワイレックのビブ・フォーチュナは、ウーラにジャバの宮殿の豪華さを語って聞かせ、彼女を言葉巧みに惑星タトゥイーンへ連れ去った。フォーチュナはウーラにエキゾチックなダンスを仕込み、専任の踊り子としてジャバに紹介した。以降、ウーラはジャバの玉座に鎖で繋がれ、犯罪王とその取り巻きを満足させるために踊り続けることになった。

賞金稼ぎに変装したレイア・オーガナチューバッカが宮殿を訪れる直前、ウーラはマックス・レボ・バンドの音楽に合わせてダンスを披露した。演奏中、ウーラはジャバの誘いをはねつけ、鎖を手繰り寄せようとする主人に抵抗した。激怒したジャバはウーラを落とし穴に誘い込み、獰猛なランコアの餌にしてしまった。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。