Fandom


この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

エイジ・オブ・リパブリック ジャンゴ・フェット』(原題:Age of Republic - Jango Fett 1)は読み切りコミックのアンソロジー・シリーズ『スター・ウォーズ:エイジ・オブ・リパブリック』の第4号である。ジョディー・ハウザー作、ルーク・ロス画。2019年1月9日発売。未邦訳。

トレーニング(Training)という副題がついており、ジャンゴ・フェットが主人公。映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』以前のジャンゴとボバ・フェット親子の活躍が描かれている。

あらすじ

賞金稼ぎニールダリンティヴァーは、伝説に名高い同業者ジャンゴ・フェットから仕事の手伝いの依頼を受けた。3人はジャンゴがボバという名の幼い“息子”を連れて現れたことに衝撃を受けるも、ボバを訓練のため仕事に同行させるという条件を飲んだ。任務は無事成功したが、リンとティヴァーはボバを人質に取ればジャンゴから賞金を横取りできると考え、フェット親子の脅迫を試みる。

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物
動物
ドロイドの機種
出来事
地名
組織と称号
種族
乗物
技術と武器
その他

外部リンク

エイジ・オブ・リパブリック
ヒーロー
クワイ=ガン・ジン - オビ=ワン・ケノービ - アナキン・スカイウォーカー - パドメ・アミダラ
ヴィラン
ダース・モール - ジャンゴ・フェット - ドゥークー伯爵 - グリーヴァス将軍
スペシャル
ザ・ウェポン - シスターズ - 501プラス・ワン
[edit]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。