Fandom


「何年にもわたって大きな危険を冒して、我々は帝国領星系内にスパイ情報網を築き上げた――皆、一つの大きな目的に向かってね」
―エイレン・クラッケン[出典]

エイレン・クラッケン(Airen Cracken)は人間男性で、銀河内戦中に共和国再建のための同盟に仕えた将軍である。同盟情報部部長を務め、4 ABYに発生したエンドアの戦いではランド・カルリジアン将軍が操縦する<ミレニアム・ファルコン>に乗り込んだ。

経歴

共和国再建のための同盟設立される以前、人間男性のエイレン・クラッケンは熟練の自由の戦士として活動していた。彼は惑星義勇軍を指揮して故郷の星を銀河帝国の圧政から解放し、その功績を讃えられて、同盟軍でまたたくまに将軍の地位に上り詰めた。[3]

0 BBYスカリフの戦い当時、クラッケン将軍は同盟情報部部長を務めていた。[4] クラッケンはアウター・リム・テリトリー全域におけるスパイ・ネットワークの設立に自ら携わり、信頼の置ける実地諜報員の1人であるデイヴィッツ・ドレイヴン将軍を情報部代表として同盟評議会に派遣していた。[5] しかし彼はこの間も、モン・モスマの要請でフラクチャー作戦の関係書類の編纂を行った。[4]

Leia and Cracken HS1

クラッケンとレイア・オーガナ

ヤヴィンの戦いの直後、クラッケン部長は銀河帝国の領域に潜伏している3名のスパイを回収するため、ドラゴン・ヴォイド・ランと呼ばれる危険なレースに参加者を送り込み、イベントに乗じてスパイを連れ帰る作戦を立てた。しかし顔が知られている反乱軍兵士や、反乱軍籍の宇宙船をこの任務に使うことができなかったため、密輸業者ハン・ソロと彼のYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>が実行役の候補に上がった。クラッケンはハンに任務を任せることに乗り気ではなかっったが、プリンレスレイア・オーガナがハンは信頼の置ける人間だと請け合った。その後、ハンは反乱軍スパイのマスター・リストの所持者であるユーイルを回収し、レイアの期待に答えた。[6]

エンドアの戦いの直前、クラッケンの部下の情報部部員が、ハン・ソロ救出作戦のために情報収集を行っていたルーク・スカイウォーカーに力を貸した。[2]

4 ABYエンドアの戦いで、クラッケンはブローント中尉とともにYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>に乗り込んだ。[7]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。