Fandom


Star Wars The Rise of Skywalker

“ネタバレの予感がする……”

警告! このページには 『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』のネタバレが含まれています。閲覧時にはご注意下さい。

エクセゴル(Exegol)は銀河系未知領域に属す惑星であり、伝説においてシスの隠された星として知られた。35 ABY当時、この星はシス卿シーヴ・パルパティーンシス・エターナルによって支配されていた。ファースト・オーダー最高指導者であるスノークもこの星で生み出され、パルパティーンの意のままに表向きのリーダーとして操られた。またエクセゴルにはパルパティーンによって集められたシス艦隊が結集していた。パルパティーンはこの星から艦隊を配備し、ファイナル・オーダーを開始して新たな帝国を築き上げるつもりだったのである。しかし、レジスタンスファースト・オーダーがエクセゴルで最後の戦いを繰り広げた結果、パルパティーンとその野望に終止符が打たれた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。