Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

エクレシス・フィグ[1](Ecclessis Figg)は探検家にしてクラウド・シティの創設者。

経歴

フィグは惑星ベスピンティバナ・ガスの採取工場を建造する。だが、フィグはこの工場が単なる工場以上のものになる可能性に気づく。彼はティバナ・ガス精製による富だけでは満足せず、この工場を空中に浮かぶ都市へ改造することを決意した。

フィグは銀河中から、彼の思い描く建造美を実現する手段を探した。最終的に彼はオルデラン出身の妻の勧めで、オルデラン様式の街づくりを採用した。こうして、彼は中央に巨大な風のトンネルと動力源のあるティバナ・ガス採取工場の中心部に、天空まで届きそうなモニュメントを築いたのである。さらにフィグは、塔が建つクラウド・シティーの上部に、観光客の宿泊施設と娯楽施設を設けた。これら無数のホテル、レストラン、カジノなどは、すべて街の外観デザインに調和するようにつくられ、すぐに繁盛した。 これが、のちに言うクラウド・シティである。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。