Fandom


エスピリオン(Espirion)は銀河系惑星で、同名の種族母星。エスピリオンは大規模な軍隊を持っていたが、難民や放浪者たちの受け入れ地として知られた。この惑星の住民であるエスピリオンは、生態系を守るためにミクロ生態学を発展させていた。

歴史

ヤヴィンの戦い以前、惑星オルデラン出身の人間種族オルデラニアンがエスピリオンに住み着いた。彼らは現地の住民と交配し、オルダー=エスピリオンと呼ばれる混血種族が誕生した。時が過ぎていくうちに、エスピリオンに住むオルデラニアンはほとんど母星と接触を取らなくなっていった。しかし、銀河帝国によってオルデランが破壊された後、プリンセスレイア・オーガナがエスピリオンを訪れ、帝国から同胞を守るためにオルダー=エスピリオンにも助けを求めた。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。