Fandom


エドン・カペール(Edon Kappehl)は白人種の人間男性で、レジスタンスに仕えた爆撃手である。[2] 34 ABY惑星ディカーにあるレジスタンス基地からの撤退活動が行われていた時[1]、カペールはクリムゾン中隊の爆撃手としてMG-100スターフォートレスSF-17クリムゾン・ヘイルストーム>に乗り込んだ。[2] クリムゾン中隊コバルト中隊とともにファースト・オーダーマンデイターIV級シージ・ドレッドノートフルミナトリックス>への爆撃を試みたが[1]、<クリムゾン・ヘイルストーム>は敵のスターファイターの残骸とぶつかって破壊され[2]、カペールを含む乗員も巻き添えになった。[1]

制作の舞台裏

エドン・カペールは2017年12月15日に公開されたシークエル・トリロジー第2作『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』に登場するキャラクターである。俳優はダン・ユーストン[1] キャラクター名は映画公開日に発売された設定資料集『スター・ウォーズ/最後のジェダイ クロス・セクション』(ジェイソン・フライ著)で初めて明かされた。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。