Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

エリアドゥ[1](Eriadu)はセスウェナ宙域の主要惑星で、アウター・リム・テリトリーで最も繁栄していた交易拠点のひとつである。リマ・トレード・ルートハイディアン・ウェイリプセク・ランヤンカーク・ルートといった複数のハイパーレーンの交差点上に位置していた。ハイディアン・ウェイはもともと惑星セスウェナを通っていたが、経済的事実を考慮してエリアドゥを通過するよう宙図が書きなおされた。銀河共和国の時代、人間の入植者たちがエリアドゥに住みつき、惑星の住民はエリアドゥアン(Eriaduan)と呼ばれた。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。