Fandom


エリス・ヘルロット(Elis Helrot)は帝国時代に活動した男性ギヴィンパイロットスパイス密輸業者である。0 BBYデス・スターバトル・ステーションから逃げ出したアストロメク・ドロイド261惑星タトゥイーンモス・アイズリー宇宙港にやってきた時、同じに居合わせたヘルロットは、261を追っているトランドーシャン賞金稼ぎボスクに目撃証言を提供した。同じジェダイ・マスターの隠遁者オビ=ワン・ケノービチャルマンのカンティーナで悪党ポンダ・バーバドクターコーネリアス・エヴァザンライトセーバーで撃退した時、ヘルロットもこの店を訪れていた。

経歴

はぐれドロイドと目撃者

ElrotBossk-BountyHunt

ボスクと会話するヘルロット

ギヴィン男性[2]、エリス・ヘルロットは銀河帝国時代パイロットスパイス密輸業者として働いていた。[1] ヤヴィンの戦い直前の0 BBY当時[3]、ヘルロットはアウター・リム・テリトリー砂漠惑星タトゥイーンに滞在していた。[4] ある日、帝国からの逃亡者であるRシリーズアストロメク・ドロイド261を乗せたラムダ級T-4aシャトルモス・アイズリー宇宙港ハンガー・ベイのひとつに墜落した時、ヘルロットもこのに居合わせた。デス・スターバトル・ステーションから逃げてきたこのドロイドは、帝国の極秘のファイルを携えたお尋ね者だった。[5]

261は帝国軍ストームトルーパーと銃撃戦になって破損したが、オイルを漏らしながら逃げ切った。それからしばらくして、帝国から261の捕獲を依頼されたトランドーシャン賞金稼ぎボスクがモス・アイズリーに到着し、ドロイドの捜索を開始した。彼はシャトルが墜落した時の状況に関する情報を集め、宇宙港内の建物のひとつで、ヘルロットにも聞き取り調査を行った。[5]

カンティーナ

Greedo Helrot and de Maal

ヘルロットとデ・マル(右)

同じ[3]、ヘルロットはモス・アイズリーにあるチャルマンのカンティーナを訪れた。この日、ジェダイ・マスターの隠遁者オビ=ワン・ケノービ水分農夫の青年ルーク・スカイウォーカーの2人も、惑星オルデランまで運んでくれるパイロットを探すためカンティーナにやってきた。[4] オビ=ワンが悪党のドクターコーネリアス・エヴァザンポンダ・バーバらとトラブルになり、ライトセーバーを起動して彼らを撃退した時、ヘルロットはヘネムスィミーヨム・オニスゴウタルフェルティパン・トレヴァッグらと同じブースに着席していた。[1]

その後、ヘルロットはデュロス[4] オーワン・デ・マル[6] がいるテーブルに移った。裏手にあるブースで、ローディアンの賞金稼ぎグリードが密輸業者のハン・ソロを詰問していた時も、ヘルロットはデ・マルと会話していた。その直後、ハンはブラスター・ピストルでグリードを殺害してカンティーナを後にし、他の客たちの注意を引いた。[4]

個性と特徴

エリス・ヘルロットはい肌と黒いを持つギヴィンである。[4] 賞金稼ぎのボスクから情報提供を求められた際、ヘルロットは帝国のストームトルーパーをバケツ頭と呼んでけなした。[5] しかしヘルロットはストームトルーパーの武力には敬意を払っており、彼らと関わり合いにならないようベストを尽くしていた。彼は相当に知的で、素早く、ある程度の戦闘技術と力を備えていた。彼にはさほど外交的能力はなく、フォース=センシティブでもなかった。[2]

装備

モス・アイズリー滞在中、ヘルロットは黒いシャツと白いショールを身に着けていた。[4]

制作の舞台裏

カンティーナのエイリアン

Cantina masks MOSW

エリス・ヘルロットのマスクはラルフ・マクォーリーが手がけたコンセプト・アートをもとにリック・ベイカーによって制作された

のちにエリス・ヘルロットと名付けられるエイリアンのキャラクターは[1]1977年公開のオリジナル・トリロジー第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で初登場を果たした。[4] セットでキャラクターを演じたのは特殊効果アーティストのジョン・バーグである。[7] バーグがかぶったラバーのマスクは、ラルフ・マクォーリーが描いたコンセプト・アートのキャラクター・デザインをもとに、メイクアップ・アーティストのリック・ベイカーによって制作された。ヘルロットはもともとスカル・ヘッド(Skull Head)というニックネームで知られ、公式にカル(Kull)と名付けられる予定だったが、この案は実現しなかった。[8][9]

ポスプロの段階で行われたカンティーナ・シーンの追加撮影の際[8]、バーグはのちにミーヨム・オニス、フェルティパン・トレヴァッグと名付けられる2人のエイリアンとともにセットのブースに着席したが[1][10]、映画のファイナル・カットではこの3人が一緒にいる場面は使われなかった。[4]

ネーミング

このキャラクターは1995年デサイファー社から発売された「スター・ウォーズ カスタマイザブル・カードゲーム」の Premiere Limited 拡張セットで初めてエリス・ヘルロットという名前を与えられた。このカードゲームのファンサイトによれば、ヘルロットの名前はゲームのクリエイターであるローリー・テッシュ(Rollie Tesh)のアナグラムとなっている。2016年、設定資料集『スター・ウォーズ コンプリート・ロケーションズ』で正史のメディアとしては初めてヘルロットの名前が紹介され、カンティーナでオニスやトレヴァッグと一緒にいたことが明言された。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。