エルドラ・カイティス(Eldra Kaitis)はトワイレック女性で、銀河共和国後期のジェダイパダワンである。ナブー危機以前、カイティスは犯罪組織エレクサス・カルテルの捕虜になった。カルテルの女指導者であるゼヴ・エレクサスはトワイレックのパダワンを金になる商品とみなし、ドラズケル星系にあるアジトオークションを開催する。ハット・クランパイク・シンジケートを始めとするさまざまな犯罪勢力のメンバーに加え、ジェダイとの対決を切望していたシスの暗黒卿ダース・モールもこのオークションに紛れ込んだ。競売の結果、カイティスはムーガンジー・クラによって競り落とされ、彼のシケルシュ級貨物ガンシップへ運ばれた。[1]

しかしムーガンの犯罪者たちは船内でダース・モールや賞金稼ぎキャド・ベイン率いるグループによって待ち伏せされた。モールがフォースを使ってムーガンと戦うのを見たカイティスは、彼がシス卿であることに気づく。カイティスを手に入れたモールたちは奪ったガンシップでオークション会場の宇宙ステーションから逃げ出したが、エレクサスは船を破壊してドラズケルの月に墜落させ、モールとパダワンの首に賞金をかけた。カイティスはモールによって拘束を外され、ギャングの攻撃から生き延びるためシス共闘することになる。敵をすべて倒した後、カイティスはモールとライトセーバーを交えた。カイティスは戦いに敗れて命を落とし、モールによって殺された最初のジェダイの犠牲者となった。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。