エレクトロプロッド・トルーパー(Electroprod trooper)、別名エレクトロプロッド・ストームトルーパー(Electroprod stormtrooper)はファースト・オーダー軍隊に仕えたストームトルーパーの一種である。その名が示す通りエレクトロプロッドを装備し、レジスタンスとの戦争の時代に活動した。

装備

その名前が示す通り、ファースト・オーダーのエレクトロプロッド・トルーパー[1] 暴動鎮圧に用いられる[2] 棒状の兵器エレクトロプロッドを装備していた。[1] 彼らが身につけるベータプラスト製のアーマーは、標準的なストームトルーパーのものと比べて目立った違いはなく、温度調節が可能なボディ・スーツと、白い装甲プレートによって構成された。[2]

制作の舞台裏

「これはファースト・オーダーのエレクトロプロッド・ストームトルーパーよ。『スカイウォーカーの夜明け』で初めて目にすることになるわ。新兵器のエレクトロプロッドを持っていることがその名の由来よ」
マドリン・バーカート (YouTubeより翻訳)[出典]

エレクトロプロッド・トルーパーは2019年公開の映画『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で初登場を果たした。[3] トルーパーの名称とビジュアルは、2019年12月13日に WIRED の公式 YouTube チャンネルにアップロードされた動画で初めて紹介された。この動画は、ルーカスフィルムのスタッフであるダグ・チャンマドリン・バーカートスター・ウォーズ実写作品に登場するすべてのクローン・トルーパーストームトルーパーのデザインについて解説する内容となっている。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

ファースト・オーダー
主な人物 最高指導者スノーク - カイロ・レン - アーミテイジ・ハックス将軍 - キャプテンファズマ
組織 最高司令部 - ファースト・オーダー保安局 - エリート・プレトリアン・ガード - レン騎士団 - アテンダンツ
軍隊 宇宙軍ファースト・オーダーTIEファイター・パイロット - スターキラー空中防衛部隊 - カイロ・レンの中隊
地上軍ストームトルーパースノートルーパー - フレイムトルーパー - 暴動鎮圧ストームトルーパー - メガブラスター重アサルト・トルーパー - エクセキューショナー - エレクトロプロッド・トルーパー - ガンナー - ロケット・トルーパー
主な乗り物 AAL - AT-AT - AT-ST - AT-M6 - AT-MA - AT-PD - LIUV - UA-TT - トレッドスピーダー - TIE/es - TIE/fo - TIE/sf - TIE/vn - TIEウィスパー (改造型) - マンデイターIV級シージ・ドレッドノート - メガ級スター・ドレッドノート - ユプシロン級コマンド・シャトル - リサージェント級スター・デストロイヤー
関連項目 スターキラー基地 - リザレクション計画 - 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。