Fandom


エレクトロ眉尖刀(Electro-bisento)は先端部分に刃がついた棒状の近接武器である。ファースト・オーダー最高指導者スノークに仕えるエリート・プレトリアン・ガードのうち、ファースト・ガードを含む2人がエレクトロ眉尖刀で武装していた。

特徴

エリート・プレトリアン・ガード最高指導者スノークを護衛するために使用していた他のハイテク兵器と同様、エレクトロ眉尖刀も鍛え上げられた金属のブレードを持ち、高周波振動を作り出す小型の超音波ジェネレーターが内蔵されていた。エレクトロ眉尖刀は刃と棒の付け根の部分に取り付けられたジェネレーターが生み出す振動によって凄まじい殺傷能力を誇り、また刃と平行に走るエレクトロ=プラズマ・フィラメントが作るエネルギー・ブレードのおかげでライトセーバーとも渡り合うことができた。[1]

歴史

First Guard

ファースト・ガード

34 ABY当時、ファースト・ガードを含む2名のプレトリアン・ガードがエレクトロ眉尖刀で武装し、メガ級スター・ドレッドノートスプレマシー>の玉座の間で最高指導者スノークを護衛していた。[1] ファースト・オーダーレジスタンス艦隊戦を繰り広げていたとき、スノークはプレトリアンたちの目の前でフォースのダークサイドの戦士カイロ・レンによって暗殺された。プレトリアンはそれぞれの武器を手に、報復のためレンとジェダイ訓練生レイに勝負を挑んだ。しかしレンとレイはライトセーバーを使ってプレトリアンを撃退し、8人の衛兵を全滅させた。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。