Fandom


「クローンもあなた方も安全そのもの。あらゆる予測データから保証できます」
「心配なのは予測できない事態だ」
シオンヴァー・ボルメイス・ウィンドゥ[出典]

エレクトロ=プロトン爆弾(Electro-proton bomb)は銀河共和国クローン戦争中に開発した電磁パルス爆弾である。投下ポイントから巨大なパルスを発生させるが、生き物には全く無害で、ドロイドや機械類だけを停止させる働きを持っていた。21 BBY、エレクトロ=プロトン爆弾は惑星マラステアで初めて実戦使用された。

特徴

「おたくらの爆弾がこの星の微妙なバランスを崩してなきゃいいけどな」
―ナカ・ウラス[出典]

銀河共和国クローン戦争中に開発したエレクトロ=プロトン爆弾EMPグレネードの巨大化版ともいえる効果を持ち、生き物には無害でドロイドだけを停止させることができた。この爆弾はBTL-B Yウイング・スターファイターなどの爆撃機によって戦場へ運搬され、投下されると巨大な電磁パルスの衝撃波を同心円状に発生させ、エネルギーのブラストに触れた機械類をショートもしくは破壊した。

歴史

Electro-proton explosion

マラステアで使用されたエレクトロ=プロトン爆弾

エレクトロ=プロトン爆弾が完成して間もない21 BBY銀河元老院最高議長シーヴ・パルパティーン独立星系連合によって征服されかけていた惑星マラステアで新型兵器を使用する許可を出した。生命体への影響が懸念されたものの、共和国の科学者であるドクターシオンヴァー・ボルはエレクトロ=プロトン爆弾がクローン・トルーパーや原住民のダグに無害であることを保証した。ジェダイ将軍メイス・ウィンドゥアナキン・スカイウォーカーダグ評議会ドージナカ・ウラスインペリアル・パレスから見守る中、新型爆弾はクローン・トルーパー・パイロットゴジによって敵軍の中心部へ投下された。ドクター・ボルの保証どおり爆弾は味方を傷つけることなくバトル・ドロイドだけを機能停止させたが、衝撃波の影響でマラステアの大地に巨大な縦穴が空き、絶滅したと思われていたジロ・ビーストの最後の生き残りが目を覚ます結果になった。

制作の舞台裏

Electro-proton bomb effect

電磁パルスの影響を受けたバトル・ドロイド

エレクトロ=プロトン爆弾の表面にはオーラベッシュのアルファベットで「イオン・デトネーターに注意」(CAUTION ION DETONATOR)や、「お前にやるよ、ドゥークー」(THIS IS FOR YOU DOOKU)などの文章が書き込まれている。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。