Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

「もし戦争が始まれば、わたしたちだけでなく彼らも巻き込む戦いになるでしょうね」
―エレニ・シンドゥーラ[出典]

エレニ・シンドゥーラ(Eleni Syndulla)はトワイレック女性で、故郷惑星ライロスを解放するために独立星系連合銀河帝国と戦った自由の戦士である。エレニのトワイレック・レジスタンスの指導者であるチャム・シンドゥーラで、ふたりのあいだにはヘラという名の娘がいた。共和国グランド・アーミー分離主義勢力ドロイド軍がライロスで火花を散らした時、エレニはヘラを安全な場所に隠した。やがてクローン戦争が終わると、エレニとチャム夫妻は共和国に代わって生まれた銀河帝国を当初は受け入れ、家族で勝ち取ったものが帝国の支配下で失われないよう努めた。しかしヘラがゴビ・グリーたち抵抗分子と一緒に帝国に逮捕されたため、エレニとチャムは娘を救出するため帝国に立ち向かうことになった。彼女たちはヘラを解放したもののランパート中将に捕まってしまい、オーン・フリー・ター元老院議員暗殺未遂の濡れ衣を着せられることになった。

まもなく、ヘラがライロスに呼んだ友人オメガバッド・バッチの隊員たち、そしてクローン戦争当時からの戦友であるクローン・キャプテンハウザーの手助けにより、エレニとチャム、グリーをはじめとする抵抗分子たちはライロスの首都レッスーから救出された。その後、エレニは帝国とのあいだに始まった新たな反乱運動のなかで命を落とした。チャムはエレニの死をきっかけにさらに戦いにのめりこんだが、その結果ヘラとの関係が悪化し、彼女がライロスを去るきっかけとなった。2 BBY、帝国のスローン大提督がライロスのタン地方にあるシンドゥーラの邸宅を占拠した際、ヘラは母親の家宝であるカリコリを取り戻すため故郷に戻った。結局カリコリの奪還は失敗に終わったものの、ヘラは父親や家族同然の仲間たちを大切にさえしていれば、思い出の品など必要ないと考えるに至った。

経歴

クローン戦争

「ライロスがクローン戦争に巻き込まれた時、わたしは少女だった。母はわたしたちを地下に押し込めたけど、わたしはそこから共和国の船が飛ぶのをのぞき見してたの。わたしの星を解放するために戦っている姿をね」
ヘラ・シンドゥーラ[出典]

女性トワイレックのエレニ・シンドゥーラは[6] 惑星ライロスに生まれ[1]、自由の戦士チャム・シンドゥーラ結婚した。[5] 29 BBY[7]、彼女は娘のヘラ・シンドゥーラを出産した。[3] シンドゥーラ家には息子もいたが、若くして亡くなってしまった。[8] クローン戦争中、ライロスで戦いが発生した際、エレニとヘラは共和国グランド・アーミー分離主義勢力ドロイド軍の戦闘から避難するため地下へ逃げた。しかし幼いヘラは空を覗き見て、ライロスを解放するために戦う銀河共和国宇宙船を目撃した。このときのできごとはヘラに影響を与え、彼女がパイロットを志すきっかけとなった。[3] エレニはトワイレック・レジスタンスの一員であり、母星を解放するため夫と並んで戦った。[5]

帝国時代

新たな支配者

「帝国の思い描く平和が、わたしたちに受け入れられないものだったとしたら、その時は?」
―エレニ・シンドゥーラ[出典]

チャムとエレニ・シンドゥーラ夫妻

クローン戦争が終わった後、エレニとチャムは新たな銀河系政府である銀河帝国による統治を、当初は受け入れていた。[6] エレニは家族が戦いで勝ち取ったものを帝国の支配下で失いたくないと考えており[5]、チャムもまた幼い娘のヘラに自分と同じ人生を歩ませたくないと考えていたのである。しかしエレニは帝国がライロスの支配権をトワイレックから奪い取ろうとしていることに気づき、彼らの目的に疑問を抱くようになった。[6] 19 BBY[9] 帝国が誕生して間もないころ、ライロスの首都レッスーオーン・フリー・ター元老院議員の演説が行われることになり、エレニとチャムも現場に集まった。その際、帝国軍ランパート中将は、新しい帝国の精製所が雇用を創出したにもかかわらずトワイレックが自分たちを疎ましく思っている現状に不満を述べた。しかしターは帝国とのパートナーシップを歓迎していると主張し、同意を求められたエレニは、ライロスのためになることなら何でも支持すると答えた。[6]

演説が始まり、ターはライロスと帝国の協力関係を説明したが、民衆はブーイングを行い、英雄であるチャムの話を聞かせろと要求した。チャムはやむを得ず代わりに演説を行い、エレニはクローン・キャプテンハウザーと一緒に彼のすぐ後ろで話を聞いた。チャムは戦争でトワイレックを助けてくれたクローン軍への信頼を語り、ライロスの未来のために武器は捨てるよう訴えた。チャムの人気に不満げなター議員を尻目に、民衆からは歓声が上がった。その後ランパートはエレニに、ヘラがこのイベントに参加できなかったのは残念だと告げた。エレニは娘にはほかの関心事があると答え、歩き去っていく帝国軍将校の後ろ姿を渋い顔で見守った。[6]

ランパート中将の案内で帝国の精製所を見て回るチャムとエレニ・シンドゥーラ

その後、エレニとゴビ・グリーは、タン地方にあるシンドゥーラ邸で、チャムが人々から武器を回収するのを見守った。チャムの長年の部下であるグリーは、彼がライロスの防衛をクローン・トルーパーに任せきりにしようとしていることに不満を持っていた。エレニは夫を弁護し、疲弊した人々はこれ以上戦い続けることはできないと指摘した。しかしグリーは、戦えないのは武器を捨てたせいだと反論し、武器確保のためにすでに手は打ったと語った。その直後、ヘラとアストロメク・ドロイドチョッパーキャプテン・ハウザーらに付き添われて邸宅に戻ってきた。ヘラはグリーの指示で立ち入り禁止区域に忍び込んでいたところをトルーパーに発見されたのである。チャムとグリーが口論するあいだ、エレニは娘とチョッパーを家に入れた。エレニはヘラが精製所にいたことを見抜いており、驚く娘に、自分には自分の情報源があるのだと告げた。また彼女は、見てきたことを報告し、他言しないよう娘に指示した。[6]

のちにエレニとチャム夫妻はランパート中将の案内で帝国のドゥーニウムを見て回った。ランパートはこの精製所がライロスに利益をもたらすと語ったが、エレニは施設がキャノンやトルーパーによって厳重に警備されていることに気づき、事前の情報と違ってまるで軍事施設のようだと指摘した。これに対しランパートは、ライロスは共和国体制下では脆弱だったが、帝国のもとでは変わったのだと反論した。中将が去って行った後、エレニとチャムは、自分たちが求めている平和が本当に得られているのか話し合った。チャムは帝国を信じるしかないと考えていたが[6]、エレニの疑念はますます強いものとなった。[10]

状況一転

「エレニ、あなたは分別がある。あの子の居場所を教えてくれたら必ず無事に連れ戻そう」
「あなたが味方をどう扱うか、わたしは見てきました。わたしはあなたの敵でいる方を選ぶ」
ランパート中将とエレニ・シンドゥーラ[出典]

ター議員を殺そうとする夫を止めるエレニ

邸宅に戻った後、エレニとチャムは抵抗勢力の一員であるレンクから、ヘラが武器密輸の容疑でゴビ・グリーと一緒に帝国に捕まったと知らされた。エレニはすぐにター議員と話すべきだと考えたが、そこへチョッパーが現れ、ヘラたちが裁判すら受けることなく反逆罪で有罪になったことを知らせた。チャムはヘラたちを乗せた護送車がレッスーに到着する前に止めるしかないと判断し、エレニやチョッパーと一緒にすぐに行動を起こした。彼女たちはブラーグに乗って西部外縁セクター3へ急行し、帝国のターボ・タンクを偵察した。エレニは渓谷にチョッパーのフラッシュ・スピーダーを待機させておき、チャムや仲間たちと一緒にタンクへの攻撃を開始した。チャムが護衛のBARCスピーダーを奪った後、エレニは峡谷の上からほかのスピーダー・バイクを銃撃した。彼女たちは護衛を全滅させ、タンクを停止させることに成功した。[6]

囚人と一緒にタンクに乗っていたランパートは、ター議員やキャプテン・ハウザーと一緒に、トワイレックの戦士たちに降伏した。ヘラを救い出してチョッパーのスピーダーに乗せた後、チャムは怒りに駆られてター議員にDC-15Aブラスター・ライフルを向けた。しかしエレニは、ターはいずれ別の形で報いを受けると夫を諭し、ライフルを下げさせた。ところが次の瞬間、ランパートの指示で待機していたクローン・トルーパーのクロスヘアーが遠距離からターを狙撃した。エレニたちが驚いていると、大勢の兵士を乗せたLAAT/iガンシップが峡谷に集まってきた。一連のできごとがランパートの罠だったことに気づいたエレニは、チョッパーのスピーダーを発進させてヘラを峡谷から逃がした。エレニたちはランパートから議員暗殺未遂の濡れ衣を着せられ、ガンシップで連行されることになった。[6]

収監されたシンドゥーラ夫妻

エレニとチャム、グリーはレッスーの監房に入れられた。ランパートはヘラの居場所を彼女たちに尋ねたが、エレニはランパートのこれまでの行動を踏まえ、彼の敵でいる方を選ぶと答えた。それからしばらくして、キャプテン・ハウザーが1人で監房にやってきた。なぜ帝国の車両を襲うリスクを冒したのかとキャプテンから問われたエレニは、ヘラを守るためほかに選択肢がなかったからだと答えた。するとハウザーは、ランパートの分隊がヘラの捜索に送り出されたことを知らせ、居場所を教えてくれれば自分が彼女を守ると語った。[11] しかしシンドゥーラ夫妻は旧友への信頼をすでに失っており[12]、チャムはハウザーに、同じ過ちを犯すつもりはないと言い放った。[11]

その後、“バッド・バッチ”の通称で知られるクローン・フォース99の隊員ハンターエコーが監房に現れ、エレニとチャム、グリー、そして隣の房に入れられていたレンクやセリンたちを解放した。ヘラが友人になったばかりのクローンの少女オメガに連絡を取り、バッド・バッチに両親の救出を依頼したのである。ヘラはバッド・バッチの残りの隊員と一緒に精製所で陽動攻撃を行っており、首都は手薄になっていた。しかしエレニたちが施設の正面ドアから外に出ようとしたとき、ハンザーが彼らを呼び止め、別の方法で脱出するよう助言した。ドアの外では、バッド・バッチの作戦を見抜いたクロスヘアーのエリート分隊が彼らを待ち伏せしていたのである。一行はエレニの提案で、プライベート格納庫に駐機されているター議員のシャトルで逃げることになった。エレニはハウザーも一緒に逃げるよう誘ったが、彼は部下たちを置いていけないと断った。[11]

ハウザーが外に出て部下たちに任務の放棄を呼び掛けているあいだに、エレニたちはターのシャトルでライロスから脱出した。その後、エレニたちは惑星オード・マンテルのハンガーでヘラと合流した。エレニはバッド・バッチにヘラが約束した報酬を払おうとしたが、ハンターは受け取らなかった。チャムはハンターに反乱への参加を求めたが、ハンターは自分にも守るべき仲間がいると答え、そこまで協力することはできないと語った。これに対しエレニは、もしまた戦争になれば、その仲間たちも戦いに巻き込まれることになるだろうと答えた。その後エレニは、テクから船のシグネチャーの攪乱方法を教わっていたヘラに出発を告げた。ヘラがオメガに別れを告げた後、シンドゥーラ家を乗せたシャトルはオード・マンテル・シティから離陸した。[11]

その死と遺産

「ヘラが我が家のカリコリを受け継ぐはずだった」
「受け継いでみせる。母さんが大切にしてた家宝よ。わたしは絶対あきらめない」
―チャムとヘラ・シンドゥーラ[出典]

エレニの肖像

やがてライロスに戻ったチャムによって、ライロス解放運動と呼ばれる地下抵抗勢力が組織された。[13] しかしその抵抗運動のさなか、エレニは帝国に殺されてしまった。妻を失ってからというもの、チャムはライロスを守ることにますます固執するようになった。[14] エレニの死をきっかけにヘラとチャムの関係も悪化し[15]12 BBY、ヘラは17でライロスを去ってしまった。[16] しかし彼女は父親のもとを離れた後も、スペクターズフェニックス戦隊の一員として銀河帝国に対する初期反乱運動に身を投じた。[15]

3 BBY、チャムはライロスの軌道に配置されている帝国のクエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー強奪する計画を立て、ヘラやその仲間たちと共同作戦に臨むことになった。チャムはヘラが参加している大規模な反乱運動のことよりも、エレニを失った恨みや、ライロスを守りたいという思いを優先し、事前の打ち合わせに反してキャリアーを破壊しようとした。しかし最終的に彼はヘラと和解し、任務の本来の目的を達成した。別れ際、チャムはかつてエレニもヘラと同じように夢を追う者だったと娘に告げた。[15]

ヘラは母親の家宝を取り戻すため帝国の拠点となった実家に潜入した

2 BBYチススローン大提督率いる帝国軍がライロスのタン地方を占領した時、チャム・シンドゥーラの家のオフィスには、夫や娘と並んだエレニの肖像画と、かつて彼女が所有していたシンドゥーラ家の家宝、カリコリが飾られていた。ヘラ・シンドゥーラはスローンが一族の邸宅を拠点にしたことを父親から聞かされ、実家に残されたままのカリコリを取り戻しに行くことに決めた。彼女はエズラ・ブリッジャーと一緒に邸宅に忍び込み、カリコリを見つけ出した。しかし2人は脱出する前に帝国軍に捕まってしまった。トワイレックの芸術を研究していたスローンは、カリコリを取り戻しにやってきた女性がヘラ・シンドゥーラであることを見抜いた。ヘラとブリッジャーはなんとか脱出できたものの、カリコリは諦めざるをえなかった。しかしヘラは考えを改め、母親の思い出を忘れないでいるためにカリコリは必要なく、父親やケイナン・ジャラス、そして家族同然の仲間たちを大切にしていこうと決意した。[4] カリコリはのちに、エレニたちの肖像画のホロ画像と一緒に惑星ロザルにあるスローンのオフィスに移された。[17] 反乱同盟がロザルに攻撃を仕掛けた後、ヘラは帝国複合施設から脱出した際にカリコリを取り戻した。[8]

人物

「お前が去った時、わたしは傷ついた。だが今はよく分かる。お前は母さんそっくりだ。彼女も夢を追う者だった」
―ヘラに対し、チャム・シンドゥーラ[出典]

エレニ・シンドゥーラ

エレニ・シンドゥーラはトワイレックの女性で、肌とは色、レックに薄い緑の縞模様が入っていた。[6] クローン戦争の時代、エレニは自由の戦士である夫のチャム・シンドゥーラとともにライロスを解放するために戦った。当時のエレニは、自分たちの犠牲が娘のヘラの未来につながればよいと考えていた。しかし共和国が崩壊した後、エレニは娘の安全を守ると同時に、自らの好奇心を満たし、なおかつ家族が勝ち得たものが帝国の支配下で失われないよう、あらゆる手を尽くした。[5] エレニはチャムと同様、当初は帝国の支配を受け入れていたが、夫よりも帝国に懐疑的で、帝国が思い描いている平和が必ずしもライロスの利益と重ならないのではないかと疑っていた。彼女は娘のヘラが父親に内緒で帝国の情報を探っていることや、夫の友人ゴビ・グリーが武器入手のため行動を起こしていることを把握していながら、チャムに黙っていた。[6]

エレニは帝国には向かうことのリスクを承知していながら、ヘラを救出するために夫や仲間たちと一緒に帝国の輸送車両を襲撃した。シンドゥーラ夫妻が帝国軍によって捕まった際、ランパート中将はエレニにはチャムと違って“分別がある”と評し、ヘラの居場所を教えるよう迫った。しかしエレニも夫と同様、娘の情報を帝国に明かさなかった。[11] エレニは帝国の側についたクローン・キャプテン・ハウザーに対する信頼を一度は失ったが[12]、ハウザーが敵の待ち伏せを知らせてくれた後、彼に一緒に逃げるべきだと勧めた。[11] チャムは生前のエレニを“夢を追う者”と表現し、娘のヘラにもその性質が受け継がれていると考えていた。[15]

装備

帝国時代初頭、エレニは茶色いドレスと頭飾り、イヤリングを身に着けていた。[6] またチャム・シンドゥーラのオフィスに飾られていた家族のモザイク画には、薄緑色の頭飾りと赤褐色のシャツを着たエレニが描かれていた。[4] 帝国の輸送車両を襲撃した際、エレニはブラーグを乗りこなし、DC-15Aブラスター・ライフルを使用した。[6] またエレニはトワイレックの家々に伝わる家宝のカリコリを所有していた。[15]

制作の舞台裏

ヘラ・シンドゥーラの母親の存在は2015年11月11日に公開されたアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たちシーズン2第7話『名パイロットの翼』で初めて言及された。[3] 2016年には同シリーズ・シーズン3第5話『ヘラの英雄』にエレニを含む家族の肖像画が登場した。本作はヘラが母親の思い出の品であるカリコリを取り戻しに行くストーリーである。[4] ルーカスフィルム ストーリー・グループパブロ・ヒダルゴによれば、本作でカリコリの物語をヘラの母親と関連付けたのは、ヘラと父親の関係はシリーズですでに充分描かれていたためであるという。[18] 本作公開時、公式サイト StarWars.com 掲載のブログ記事で、ヘラの母親の名前が誤ってティスレラ(Tislera)と紹介されたが、のちに削除された。[19]

2021年7月9日、エレニは『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』第11話『悪魔の契約』に登場し、初めて正しい名前が明らかになった。声優はフェレリス・ヤング[6] 公式サイトのデータバンクで、エレニは帝国によって殺されたと解説されているが[14]、設定資料集『スター・ウォーズ:銀河系の女性たち』では分離主義勢力の侵略で死亡したと誤って解説されている。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 スター・ウォーズ:銀河系の女性たち
  2. ヘラの英雄』によれば、ヘラ・シンドゥーラの母エレニは、ヘラが故郷を去る前に銀河帝国に対する抵抗運動で命を落とした。『スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス』で判明しているタイムラインに照らし合わせると、帝国の設立が19 BBY、ヘラがライロスを去ったのは12 BBYであるため、エレニが死んだのはその間である。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 Rebels-mini-logo.png 反乱者たち名パイロットの翼
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 Rebels-mini-logo.png 反乱者たちヘラの英雄
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 StarWars-DatabankII.png Eleni Syndulla - 公式データバンク
  6. 6.00 6.01 6.02 6.03 6.04 6.05 6.06 6.07 6.08 6.09 6.10 6.11 6.12 6.13 Star Wars Bad Batch.jpg バッド・バッチ悪魔の契約
  7. スター・ウォーズ 反乱者たち:ビジュアル・ガイド
  8. 8.0 8.1 Rebels-mini-logo.png 反乱者たちジェダイの夜
  9. スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス
  10. StarWars.com Devil's Deal Episode Guide - StarWars.com (バックアップ - Archive.org)
  11. 11.0 11.1 11.2 11.3 11.4 11.5 Star Wars Bad Batch.jpg バッド・バッチライロスからのSOS
  12. 12.0 12.1 StarWars.com Rescue on Ryloth Episode Guide - StarWars.com (バックアップ - Archive.org)
  13. StarWars-DatabankII.png Free Ryloth Movement - 公式データバンク
  14. 14.0 14.1 StarWars-DatabankII.png Cham Syndulla - 公式データバンク
  15. 15.0 15.1 15.2 15.3 15.4 Rebels-mini-logo.png 反乱者たち父と娘
  16. スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス』によればヘラは29 BBY生まれで、12 BBYにライロスを去った。そのため当時の年齢は17歳ということになる。
  17. Rebels-mini-logo.png 反乱者たち内通者
  18. StarWars.com Rebels Recon: Inside "Hera's Heroes" - StarWars.com (バックアップ - Archive.org)
  19. StarWars.com Ranking Rebels: 10 Highlights from "Hera's Heroes" - StarWars.com (バックアップ - Archive.org)
Advertisement