Fandom


「僕は帝国軍を憎んでいるけど反乱軍に入る気は全くなかった。彼らも帝国軍と同じ人殺しだ。でも帝国軍が見捨てたこのオウランヌに、彼らは来た」
セイン・カイレル[出典]

オウランヌ(Oulanne)は単一の巨大大陸を持つ惑星である。0 ABYヤヴィンの戦いの18ヶ後、オウランヌは大規模な地震に襲われたが、銀河帝国はこの星の経済的な重要性が低いことを理由に災害支援を行わなかった。オウランヌは直後にメガハリケーンにも見舞われ、外部からの救援は困難となった。しかし<マイティ・オーク・アポカリプス>のクルーは巨大大陸の最南端の半島への物資運搬を決行し、なんとか地上に着陸した。同時に、ウェッジ・アンティリーズ率いる反乱同盟の救援チームもオウランヌに駆けつけていた。任務が終わった後、ウェッジは<アポカリプス>を操縦していた元TIEファイター・パイロットセイン・カイレルを反乱軍に勧誘した。[2]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。