Fandom


「恐怖――ジェダイはそれに打ち克つために訓練を積んできた。だがここシタデルはジェダイをぶっ壊すための施設だ。ここでは奴らに恐怖をじっくり学ばせる。学べぬときは死ぬだけだ」
―オシ・ソベック[出典]

オシ・ソベック(Osi Sobeck)は銀河共和国時代の末期に独立星系連合に仕えたフィンディアン種族男性である。クローン戦争中、ソベックは“シタデル”と呼ばれる分離主義勢力の悪名高い刑務所所長を務めていた。火山惑星ローラ・サユーに建てられたシタデルはもともとジェダイ用の監獄として設計されたこともあり、脱獄不可能な難攻不落の砦として知られていた。ソベックは分離主義者の捕虜としてシタデルに連れてこられるジェダイを拷問し、彼らの精神を破壊することを専門としていた。

20 BBYジェダイ・マスターイーヴン・ピールが分離主義者に捕まり、ソベック看守の刑務所に収監された。ソベックは共和国領域と連合領域をつなぐ秘密のハイパーレーン、“ネクサス・ルート”の座標情報を聞き出すためピールを拷問したが、このラニックジェダイは口を割らなかった。間もなくジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカー率いる潜入チームがローラ・サユーに侵入してピールとウィルハフ・ターキン艦長を監房から救い出したが、ソベックは彼らのシャトルを破壊し、脱出手段を奪った。間もなく共和国艦隊ローラ・サユー星系に到着すると、敗北を悟ったソベックはせめてターキンだけでも殺そうと考え、溶岩流の近くで彼に襲いかかったが、ジェダイ・パダワンアソーカ・タノライトセーバーに胸を貫かれて命を落とした。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。