Wookieepedia
Advertisement

オダヴィア・エイナル(Odavia Anaru)は人間女性で、新共和国スターファイター隊に所属したAウイングパイロットである。5 ABYジャクーの戦いに参加し、AT-ATウォーカーヘルハウンド2>を破壊する活躍を挙げたが、その過程で戦した。死後、武勇記章を授与されている。

経歴

AT-ATと戦うエイナル

Aウイングスターファイターパイロットであるオダヴィア・エイナルは、5 ABY当時カーリスト・ライカン将軍旗艦MC80スター・クルーザーストライキング・ディスタンス>に配属されていた。ジャクーの戦いに参加した際、エイナルはジャクーの地表へコマンドー分隊を運ぶ新共和国防衛軍兵員輸送機をエスコートし、安全に大気圏内へ移動させた。砂漠惑星の大気圏に入った後、エイナルはAウイングで戦場を周回して銀河帝国の陣地に掃射を行い、迎撃にやってきたTIEファイターと交戦した。[1]

戦闘中、エイナルのAウイングは帝国の対空ミサイルに被弾し[1]ゴアゾン荒地[2] に墜落する。彼女は壊れたAウイングからなんとか這い出し、脚を負傷していたにも関わらず味方を援護するため全速力で走った。彼女の墜落場所は新共和国のコマンドーたちと遠く離れていたため、エイナルは標準支給のブラスター・ピストルだけを頼りにストームトルーパーと戦わなければならなかった。[1]

帝国軍が研究施設を守るためにAT-ATウォーカーを配備した際、新共和国のコマンドーが立てこもっている塹壕がウォーカーの標的になった。エイナルは援護のために退却し、死んだトルーパーからロケット・ランチャーを取り上げ、墜落した船の残骸を使って照準を固定した。ストームトルーパーが迫ってくるのも構わず、エイナルはロケット全6発を先頭のウォーカー<ヘルハウンド2>の弱点に撃ち込んだ。<ヘルハウンド2>は戦闘不能になって倒れたが、エイナルは生きてその光景を見ることはなかった。死後、彼女はこの活躍を讃えられ武勇記章を授与されている。[1] また、彼女が倒した<ヘルハウンド2>はのちにゴミ漁りレイの家になった。[3]

人物

オダヴィア・エイナルはい肌の人間女性である。新共和国のパイロットであるエイナルは、ジャクーの戦いで緑色のフライト・スーツヘルメットを身に着け、Aウイング・スターファイターを操縦した。[1]

制作の舞台裏

オダヴィア・エイナルは2017年7月18日に発売された設定資料集『スター・ウォーズ:オン・ザ・フロントライン』(ダニエル・ウォーレス著)で初めて紹介されたキャラクターである。

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement