Wookieepedia
Advertisement

「ありがとう、オッティリー。ドク=オンダーの応対をよろしくね」
「ええ」
キーラとオッティリー[出典]

オッティリー(Ottilie)は人間女性で、帝国時代に犯罪シンジケートのクリムゾン・ドーンに仕えた給仕係である。10 BBY当時、オッティリーはドライデン・ヴォスナゥーア級ヨットファースト・ライト>に乗り込んでいた。

経歴

人間女性、オッティリーはクリムゾン・ドーンと呼ばれる犯罪シンジケートに所属し、組織の首領であるドライデン・ヴォスから信頼を置かれていた。帝国時代、オッティリーはヴォスが所有するカレヴァラン・スター・ヨットファースト・ライト>に乗り込み、ゲストに飲み物を運ぶ給仕係を務めた。[2] 10 BBY惑星ヴァンドアフォート・イプソに寄港中の<ファースト・ライト>にトバイアス・ベケットクルーがやってきた日も[1]、オッティリーは船内のパーティ会場でセレノークロッバー伯爵のもとへクアニャ・リザーブを運んでいた。[2] この日、ヴォスの副官であるキーラはオッティリーのトレーからクアニャを受け取ると、ベケットと一緒に来船したハン・ソロに手渡しながら、ドク=オンダーへの応対をよろしく頼むとオッティリーに告げた。[1]

人物

オッティリーは白い肌の人間の女性で[2]、背が高く[3]は黒、は茶だった。クリムゾン・ドーンの首領であるドライデン・ヴォスの信頼を得ていたオッティリーは、彼の個人的なゲストの給仕係を任されていた。オッティリーは有能で目端が利き、仕事に必要な判断力も備えていたが、ヴォスを不安にさせるような独立心は抱いていなかった。[2] 10 BBY当時、オッティリーは銀色のシークインがついた黒いドレスと金色のイヤリング、ネックレス、ブレスレットを身に着けていた。[1]

制作の舞台裏

オッティリーは2018年に公開されたスター・ウォーズ アンソロジー・シリーズ第2弾『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で初登場を果たした。女優はサマンサ・コレイ[1]

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement