Fandom


「パイクに話を聞け。惑星オバ・ダイアで」
―ヨーダ[出典]

オバ・ダイア(Oba Diah)はパイク・シンジケートの本拠地があった惑星パイクはこの惑星から犯罪活動を取り仕切り、惑星ケッセルで採取されたスパイス銀河系の各地へばらまいていた。オバ・ダイアの険しい岩山には宇宙港が築かれ、禁制品のやり取りが行われていた。宮殿の中では、パイクやその客人が退廃的な享楽に耽った。

歴史

「そういえば交渉は延期になったのです。サイフォ=ディアスがオバ・ダイアに着いてからだったと思います。フェルーシアで部族の紛争があったとかで」
―ヨーダに対し、ヴァローラム[出典]

ナブーの侵略以前、フィニス・ヴァローラム最高議長ジェダイ・マスターサイフォ=ディアススパイス商人パイク・シンジケートとの交渉任務を依頼した。パイクの紛争は、銀河共和国首都惑星コルサントで全面的なギャング戦争を招きかねない事態に発展していた。サイフォ=ディアスは最高議長の個人秘書シルマンを連れてオバ・ダイアへ赴いたが、ジェダイ最高評議会から別の任務を与えられたため交渉を延期し、目的地をフェルーシアに変えた。しかし、シス卿ダース・タイラナスに雇われたパイクがオバ・ダイアの月上空でサイフォ=ディアスのシャトルを撃墜した。サイフォ=ディアスは命を落としたが、生き残ったシルマンはパイクに捕えられた。シンジケートの指導者であるロム・パイクは、シルマンを生け捕りにしたことをタイラナスにも黙っていた。

クローン戦争末期、ジェダイ・マスターのプロ・クーンがオバ・ダイアのでサイフォ=ディアスのT-6シャトルの残骸を発見した。これをきっかけに、ジェダイ・オーダーはサイフォ=ディアスの死に関する謎を本格的に調査し始めた。グランド・マスターヨーダはヴァローラム元議長にサイフォ=ディアスの任務の詳細を訪ね、オバ・ダイアにオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーを派遣した。2人は生きていたシルマンを発見したが、彼はドゥークー伯爵によって殺されてしまった。ドゥークーはロム・パイクも始末して逃げ去っていった。この事件で初めて、ジェダイはタイラナスとドゥークーが同一人物であることを知った。

制作の舞台裏

Oba Diah concept art

コンセプト・アート

オバ・ダイアは『クローン・ウォーズ ザ・ロスト・ミッション』の第10話『失われた者』に登場する惑星である。オバ・ダイアとその月のコンセプト・アートは、2011年デイヴィッド・ル・メレルによって描かれた。この時、惑星の綴りは「Obah Diah」だった。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。