Fandom


「スキャンしましたが、ここは砂漠です。何もありません!」
―クローン・トルーパー[出典]

オバ・ダイアの月(Oba Diah's Moon)は惑星オバ・ダイアを巡る砂漠衛星である。ナブーの侵略以前、ジェダイ・マスターサイフォ=ディアスの乗るシャトルパイク・シンジケートに撃墜され、オバ・ダイアの月に墜落した。

歴史

ナブー危機以前、ジェダイ評議会マスターサイフォ=ディアスは、フィニス・ヴァローラム最高議長の依頼でパイク・シンジケートと交渉することになり、惑星オバ・ダイアを訪れた。彼はジェダイ評議会から与えられたフェルーシアの任務を優先することになり、シャトルに乗ってオバ・ダイアから離れたが、シス卿に雇われたパイクによって撃墜された。サイフォ=ディアスはオバ・ダイアの月に墜落した際に命を落としたが、同行していたヴァローラムの個人秘書シルマンは生き延びた。

クローン戦争終結直前、コルサントジェダイ・テンプルでオバ・ダイアの月から発信された救難信号が傍受された。プロ・クーン将軍コマンダーウォルフ率いる第104大隊ウルフパックが衛星に派遣され、激しい砂嵐の中でシャトルの残骸を発見した。クーンは船の残骸とサイフォ=ディアスのライトセーバーコルサントに持ち帰った。その後、ジェダイ・オーダーはサイフォ=ディアスにまつわる謎の調査に乗り出した。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。