オビ=ワン・ケノービの2本目のライトセーバー(Obi-Wan Kenobi's second lightsaber)は、ジェダイオビ=ワン・ケノービナブーの戦い最初のセーバーを失った後に作成された。

特徴

この武器は失われた最初のライトセーバーの代わりとして作成され、デザインも以前のものと似ていた。このライトセーバーにはカイバー・クリスタルが内蔵され、いブレードを放出した。

歴史

作成の経緯

ジェダイパダワンオビ=ワン・ケノービは、それまで使っていたライトセーバーをシス卿ダース・モールとの戦いで失った。師匠クワイ=ガン・ジンライトセーバーを使ってモールを破り、ナブーの戦いが終わった後、ジェダイ・ナイトに昇格したケノービは新しいライトセーバーを作成した。

事件/戦闘

ヤヴィンの戦いの約29年前、ケノービはカーネリオンIVにおける任務でこのライトセーバーを使った。

ケノービは分離主義危機の時代になってもこの武器を使い続けていた。ヤヴィンの戦いの22年前、ケノービは惑星コルサントウスクル歓楽地区にあるアウトランダー・クラブで、パドメ・アミダラ元老院議員の命を狙う賞金稼ぎザム・ウェセルの手首をライトセーバーで切り落とした。その後、彼は惑星カミーノ派遣され、ライトセーバーを使って賞金稼ぎジャンゴ・フェットと戦った。彼はフェットを追って惑星ジオノーシスを訪れたが、そこで独立星系連合に捕らえられ、ライトセーバーを取り上げられた。

ケノービはジオノーシスの戦いで仲間から受け取ったライトセーバーを使った。クローン戦争中、ケノービは自身のキャリアで最後の1本となるライトセーバーを作成した。

登場エピソード

参考資料

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。