Wookieepedia
Advertisement
Shock.png

“これ以上見ていられません”

※ネタバレ注意:このページにはTVドラマ・シリーズ『オビ=ワン・ケノービ』のネタバレ情報が含まれている可能性があります。

「暗黒と絶望の中で希望は生き続ける」
―予告編より[出典]

オビ=ワン・ケノービ』(原題:Obi-Wan Kenobi)はスター・ウォーズの実写TVシリーズである。ルーカスフィルム制作。2022年5月27日に動画ストリーミング・サービス Disney+ で日米同時配信開始。本作ではプリクエル・トリロジーオビ=ワン・ケノービを演じたユアン・マクレガーが、同じ役かつ主人公としてスター・ウォーズ作品に復帰した。同様にヘイデン・クリステンセンダース・ヴェイダー役でシリーズに出演する。時系列は映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の10年後に設定されている。

公式による作品紹介

最良の友でありジェダイ弟子であったアナキン・スカイウォーカーが、邪悪なシスの暗黒卿ダース・ベイダーに堕ち、ジェダイが最大の敗北を喫した『エピソード3/シスの復讐』での劇的な出来事から10年後、『オビ=ワン・ケノービ』の物語は始まる─。[1]

企画

映画の企画

ユアン・マクレガーは1999年の『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』以来オビ=ワン・ケノービを演じてきた

2013年ウォルト・ディズニー・カンパニーおよびルーカスフィルムが、エピソード番号のついたスター・ウォーズ・サーガ映画とは別に、複数の映画作品を制作しているというニュースが報じられた。この作品群はのちにスター・ウォーズ アンソロジー・シリーズと呼ばれるようになった。アンソロジー・シリーズの一作として、オビ=ワン・ケノービを主役とした映画を作る可能性も浮上し、スター・ウォーズ新三部作でケノービを演じた俳優のユアン・マクレガーに再出演の打診があった。のちに映画でなくTVシリーズとなるこの企画を、マクレガーは2015年の時点ですでに知っていたが、2019年の公式発表まで秘密を守り続けなければならなかった。

アンソロジー・シリーズの最初の作品である『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は2016年12月に公開され、作品評価においても商業的にも好評を博した。2017年8月、ハリウッド・リポーターの情報筋はマクレガー主演のオビ=ワン・ケノービを主役とするアンソロジー映画がルーカスフィルムによって製作中であり、『リトル・ダンサー』の監督であるスティーブン・ダルドリーが本企画の監督となるべく初期の交渉に入っていると報じた。監督を務めることが決まった後、ダルドリーはホセイン・アミニに連絡を取り、企画に加わらないかと持ち掛けた。また新三部作でオーウェン・ラーズを演じた俳優のジョエル・エドガートンはかつて、ケノービ主役のスピンオフ映画で再び同じ役を演じることに興味を示していた。

しかし2018年5月に公開されたアンソロジー作品第2弾『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の興行収入が予想を下回ったため、スター・ウォーズの単独スピンオフ映画はすべて保留となってしまった。4か月後、ディズニーのCEOであるボブ・アイガーはルーカスフィルムが『ハン・ソロ』の低評価を受け、今後の公開スケジュールを見直したことを明らかにした。その後、『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』以降は2022年までスター・ウォーズ映画の公開は無いことが明言された。にもかかわらず、ボリス・ジョンソン元・英国外務大臣は2018年11月、民主統一党の年次総会において、ジョージ・ルーカスがオビ=ワン・ケノービに関する続編映画を北アイルランドで撮影しようとしていると発言した。またハリウッド・リポーターが2016年に行ったアンケートでは、次のアンソロジー映画は何にすべきかを決めるファン投票で、オビ=ワン・ケノービが圧倒的1位を取った。

TVシリーズ

2019年の発表

マクレガーがのちに語った通り、オビ=ワン・ケノービ作品の企画は、ある時点で映画ではなくTVシリーズに変更された。TVシリーズに変わる以前、マクレガーは企画のために衣装テストに参加していた。噂や憶測が数か月にわたって飛び交った後、2019年の D23 Expo イベントにて、マクレガーとルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長はディズニーの新しい動画配信サービスである Disney+ でオビ=ワン・ケノービを主役としたTVシリーズが公開されることを正式に発表した。また同シリーズの時系列が映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の10年後であることも明かされた。また同イベントでは、シリーズの脚本がすでにできあがっており、2020年に制作が開始されることも明らかにされた。のちに公式サイト StarWars.comでホセイン・アミニとデボラ・チョウがシリーズのショーランナーになることが発表された。

2020年の発表

2020年1月23日、“脚本上の問題”からシリーズが休止になったと報じられた。しかしのちにユアン・マクレガーは、こうした噂は誇張されており、製作はつつがなく進んでいるとコメントした。またマクレガーは、撮影日は確かに2021年1月に延期されたが、シリーズの公開予定日には影響がないと語った。2020年4月2日、1月に企画を降板したアミニに代わり、『ジョン・ウィック:パラベラム』の脚本家ジョビー・ハロルドが起用されたことが報じられた。この報道は2022年にケネディへのインタビューで事実であることが認められており、彼女は脚本の方向性に懸念を抱き、2020年1月に制作を中断させ、アミニの後任としてハロルドを雇ったのである。アミニは企画を離れたが、4つのエピソードの脚本担当としてクレジットに名を残している。

2020年4月、フランスのプレス・リリースにて、シリーズが2022年に公開予定であることが報じられた。2020年9月、マクレガーは撮影が2021年春に始まるだろうと述べた。2020年10月9日、マクレガーは BBC の「グレアム・ノートン・ショー」で2021年3月に撮影を予定していることを認めた。

2020年12月に公開されたロゴ

2020年12月10日、シリーズに関する続報が公式発表された。その中で、本シリーズの時系列が9 BBYになること、ヘイデン・クリステンセンが新三部作に引き続きダース・ヴェイダー役で出演することが明かされた。またシリーズのロゴも公開された。翌日には日本でも『スター・ウォーズ:オビ=ワン・ケノービ(原題)』として公式にシリーズの告知が行われた。[2]

製作

2020年終盤、『オビ=ワン・ケノービ』シリーズでも、『マンダロリアン』シリーズで導入された先進的な高解像度の背景ビデオ・スクリーン技術“ボリューム”が使われるだろうと報じられた。

2021年3月29日、ルーカスフィルムはシリーズに出演するキャストの公式リストを発表した。モーゼス・イングラムジョエル・エドガートンボニー・マリー・ピエスクメイル・ナンジアニインディラ・ヴァルマルパート・フレンドオシェア・ジャクソン・ジュニアサン・カンシモーヌ・ケッセルベニー・サフディーらの出演が明かされた。また撮影が4月に開始した。[3]

2021年5月19日、スター・ウォーズのベテラン・コンセプト・アーティストであるダグ・チャンがデボラ・チョウ監督とコラボし、本シリーズに新しいデザインをもたらすため、さまざまな異文化を制作することが明らかにされた。本シリーズの製作においては少なくとも6部門の部長がアジア系アメリカ人の血を引いており、チョン・ジョンフンが撮影監督を担当している。撮影は2021年9月19日に終了した。

2022年2月9日StarWars.com にて『オビ=ワン・ケノービ』が同年5月25日に開始することが告知された。本作の最初のティーザー・トレーラーは3月9日に公開された。同日、『オビ=ワン・ケノービ』の日本語公式サイトがオープンした。同年3月31日、シリーズ開始が5月27日に変更となり、また最初の2話が同時に公開されることが明らかにされた。

2022年2月28日、アメリカ西部脚本家組合はジョビー・ハロルドとホセイン・アミニに加え、これまで告知されていなかったスチュアート・ビーティーアンドリュー・スタントンハンナ・フリードマンらが『オビ=ワン・ケノービ』シリーズの脚本家としてクレジットされることを発表した。

音楽

2022年2月17日バラエティ誌は作曲家ジョン・ウィリアムズがスター・ウォーズ世界に戻ってくるという記事を公開し、シリーズの全曲を手掛けるわけではないが、主人公のテーマ曲を作曲すると報じた。同年4月22日、ウィリアムズが手掛けるオビ=ワン・ケノービのテーマ曲以外は、ナタリー・ホルトが作曲を担当することが発表された。

エピソード

話数 画像 タイトル 公開日
1 Obi-Wan Kenobi Part I.png パート1 2022年5月27日
2 Obi-Wan Kenobi Part II.png パート2 2022年5月27日
3 Obi-Wan Kenobi Part III.png パート3 2022年6月1日
4 Obi-Wan Kenobi Part IV.png パート4 2022年6月8日
5 Obi-Wan Kenobi Part V.png パート5 2022年6月15日
6 Obi-Wan Kenobi Part VI.png パート6 2022年6月22日

ギャラリー

ロゴ

脚注

  1. 1.0 1.1 スター・ウォーズドラマ『オビ=ワン・ケノービ』ディズニープラス公式
  2. TwitterLogo.svg @DisneyPlusJP(ディズニープラス公式) - Twitter. “『スター・ウォーズ:オビ=ワン・ケノービ(原題)』ヘイデン・クリステンセンが、ダース・ベイダーとして復活!『#スターウォーズ エピソード3/シスの復讐』から10年後の世界を舞台にしたオリジナルシリーズ #ディズニープラス で配信決定”
  3. ディズニープラス独占配信『オビ=ワン・ケノービ』(原題)、撮影スタート。ユアン・マクレガーら主要キャストも解禁! - Disney+

外部リンク

Obi-Wan Japanese logo.png
1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6
[edit]
Advertisement