Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

「オメガの洞察力は無視できない。あの子のような進化したクローンの場合、知覚が研ぎ澄まされているのは珍しいことじゃないからね」
テク[出典]

オメガ(Omega)はカミーノアンによって造り出されたクローン人間女性である。彼女は強化されたクローンであり、クローン戦争終結当時、惑星カミーノ主任医療科学者ナラ・セの医療アシスタントを務めていた。戦争が終わった直後、オメガはカラー戦いから戻ってきたクローン・フォース99と対面した。“バッド・バッチ”という通称で知られるこの特殊部隊は遺伝子変異の特性を備えたクローンたちによって構成されており、オメガは彼らに親近感を覚えていた。新政府銀河帝国ウィルハフ・ターキン提督が現れ、クローン・トルーパーに帝国の兵士としての素質が備わっているかテストを始めた際、オメガはこの帝国軍将校に不信感を抱き、バッド・バッチにカミーノを離れるよう勧めた。間もなくバッド・バッチの隊員ハンターテクレッカーエコーは帝国からの離反を決意し、オメガを連れてカミーノから脱出した。

経歴

強化されたクローン

「あなたたちのことが好きなの。あなたたちもここでは浮いてるでしょ」
―バッド・バッチに対し、オメガ[出典]

バッド・バッチと対面したオメガ

人間女性、オメガはカミーノアンによって造り出されたクローンであり、帝国時代初頭まで故郷惑星カミーノから出ることなく育った。[3] 周りはジャンゴ・フェット遺伝子から作り出されたクローン・トルーパーばかりの環境で、オメガは浮いた存在だった。クローン戦争終結当時、オメガはまだ少女でありながら、カミーノアン主任医療科学者ナラ・セの医療アシスタントを務めていた。[1] 19 BBY[4] クローン戦争が終結した直後、オメガはナラ・セとともに集会に参加し、カミーノのティポカ・シティ皇帝シーヴ・パルパティーンによるニュー・オーダー宣言の放送を見守った。その際、彼女は“バッド・バッチ”の通称で知られるクローン・フォース99分隊の隊長、クローン・サージェントの“ハンター”と目が合った。もともとバッド・バッチの隊員たちのことを知っていたオメガは、集会のあと通路で彼らに近づき、自己紹介した。しかしすぐにナラ・セが現れ、オメガを仕事に連れ戻した。[2]

自分と同じくクローンでありながら特異な存在であるバッド・バッチの隊員たちに好感を持っていたオメガは、その後もカフェテリアで彼らに近づいた。“テク”や“レッカー”は、これまで好き好んで自分たちに近づく者がいなかったため、オメガの態度に驚いた。そんな中、近くを通りかかった通常のクローン・トルーパーの1人が、特異なクローンたちのことを“サッド”・バッチと罵った。怒ったオメガはこのクローンに食べ物を投げつけ、友人への謝罪を要求した。ハンターは争いを止めようとしたが、今度はレッカーがトレーごと食べ物を投げつけたため、バッド・バッチと標準的なクローンの乱闘騒ぎに発展してしまった。この騒動は銀河帝国ウィルハフ・ターキン提督に目撃されていた。その後、オメガは乱闘で気を失った“エコー”が治療されている医務室へ赴き、先ほどの事件の責任を取りたいと申し出た。しかしハンターは彼女の申し出を断り、自分たちにこれ以上関わるなと告げた。[2]

オメガはクローンたちの乱闘のきっかけを作った

のちにオメガは、ラマ・スー首相とナラ・セ、ターキン提督の話し合いに同席した。首相はバッド・バッチが新生帝国軍のよき財産になると主張したが、ターキンは彼らに反抗的な態度や命令違反の傾向があることを問題視しており、特にオーダー66に従わなかった疑惑への不快感を示した。この会話を聞いたオメガは、ターキンがクローンを信用していないことを知り、ターキンの命令でオンダロン任務に発とうとしていたハンターのもとへ駆けつけ、不安を伝えた。ハンターは少女の不安を払拭しようとしたが、オメガはもはやカミーノも安全ではないと訴え、自分も一緒に連れて行ってほしいと頼んだ。しかしハンターは拒絶し、時間がかかったとしてもいずれ変化には慣れるだろうとオメガに助言すると、仲間たちと一緒にオミクロン級アタック・シャトルハヴォック・マローダー>に乗り込んで出発してしまった。[2]

カミーノからの脱出

Moff Jerjerrod 2.jpg

皇帝陛下は工事の遅れに強い不満をお持ちだ…

現在、この記事で大幅な編集作業が行われています。

編集者間の争いを避けるため、礼儀としてこの記事への編集を控えてください。現在の記事編集者を知りたい場合は、編集履歴を参照してください。

制作の舞台裏

オメガは2021年に開始したTVアニメ・シリーズ『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』のために創り出されたキャラクターである。同年3月30日に公開されたトレーラーにて、彼女の存在と名前が明らかになった。[5] 5月4日、オメガはシリーズの第1話である『余波』で初登場を果たした。声優はミッシェル・アング[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

Advertisement