Fandom


オルダー=エスピリオン(Alder-Espirion)は惑星オルデラン出身の人間と惑星エスピリオン赤い肌の種族の間にできた混血種族である。ヤヴィンの戦いのはるか昔、オルデラニアンのグループが惑星エスピリオンを訪れ、現地の住民と交配したことで誕生した。[1]

歴史

銀河帝国がオルデランを破壊した後、この惑星の王族の最後の生き残りであるプリンセスレイア・オーガナは、他の生存者を帝国軍から守るためオルダー=エスピリオンに助けを求めた。オーガナは、音楽教団の指導者ウーワ・パリースや、サラストにあるオルデラン居留地の指導者ジョラ・アステインにオルダー=エスピリオンとの交渉任務を任せたが、どちらも失敗に終わった。結局、オーガナ本人がエスピリオンを訪れ、混血種にメッセージを送った。オルダー=エスピリオンの首長ベオン・ベオネルはプリンセスの説得に応じ、帝国との戦いに力を貸した。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。