Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「私達はオルデラニアン。怒りには叡智で応え…恐怖には想像力で応え…戦争には希望で応えます。私達一人一人が、等しく重要です」
―レイア・オーガナ[出典]

銀河内戦中の0 ABY反乱同盟プリンセスレイア・オーガナは、銀河帝国超兵器デス・スターによる惑星オルデラン破壊を生きのびたオルデラニアンの遺児たちを助けるため、救出任務に乗り出した。当時帝国はオルデラニアンの生存者狩りを行っており、レイアの首にも賞金がかけられていた。レイアは反乱軍パイロットエヴァン・ヴァーレインアストロメク・ドロイドR2-D2と協力し、帝国よりも先に同胞の生き残りを探し出すことにした。彼女たちはジャン・ドドンナ将軍が止めるのも聞かず、衛星ヤヴィン4反乱軍基地から出発した。

ヤヴィン4から抜け出した後、レイアたちは惑星ナブーを訪れ、音楽教団と呼ばれるオルデラニアンの修道会と合流した。続いて彼女たちは惑星サラストへ赴き、ジョラ・アステイン管理官のオルデラン居留地を訪問する。しかしオルデラン出身の帝国軍将校テュラのせいで居場所がばれ、一行はドリード中佐指揮下の帝国軍による攻撃を受ける。レイアたちがサラストから逃げ出すと、ドリードはテュラを人質として利用し、プリンセスとの取り引きに持ち込んだ。レイアはアステインとウーワ・パリースが惑星エスピリオンに住む混血種族オルダー=エスピリオンとの交渉を行うあいだ、砂漠の惑星スカラドーシュでドリード中佐との人質交換に臨んだ。彼女はサラスタン密輸業者ナイン・ナンの助けを借りてドリードを出し抜き、テュラを解放してスカラドーシュから脱出する。

一方、アステインとパリースはオルダー=エスピリオンの指導者ベオン・ベオネルとの交渉に失敗した。しかしスカラドーシュから戻ったレイアは、オルデラニアンの船団とエスピリオンに向けて団結を呼びかけるスピーチを行い、オルダー=エスピリオンの心を動かすことに成功した。オルデランとエスピリオンの宇宙船は力を合わせてヴェンク艦長インペリアル級スター・デストロイヤーを撃退し、一連の戦いに終止符を打った。その後、レイアはエヴァンをオルデラニアンの新しい指導者に推し、反乱同盟の任務に復帰するためヤヴィン4へ帰還した。

背景

オルデランの破壊

Blue Glass Arrow 詳細は災厄を参照
「フォースの強い乱れを感じた。何百万もの人びとが恐怖の悲鳴を上げ、そして突然沈黙したような感じだ。何か恐ろしいことが起こったのだ」
オビ=ワン・ケノービ[出典]
Alderaanexplosion

オルデランの破壊

銀河内戦中、銀河帝国グランドモフウィルハフ・ターキンデス・スターを使って惑星オルデラン破壊し、帝国が新開発したこの深宇宙機動性バトル・ステーションの威力を世の中に示した。オルデランにいた何百万という住民はこの攻撃で命を落とし[5]銀河系に残されたオルデラニアンの生存者はごくわずかとなった。ヴァイスロイベイル・オーガナレイア・オーガナ元老院議員といったオルデラニアンの指導者たちが共和国再建のための同盟の主要メンバーとして活動していたため、帝国はオルデランに反逆者のレッテルを貼り、この惑星の文化を完全に滅ぼすべく、オルデラニアンの生存者狩りを開始した。[1] 帝国によるオルデラニアンの捜索は、首都惑星であるコルサントを含め、銀河系各地で行われた。惑星を離れていたため大惨事を生き残ったオルデラニアンたちは、故郷が破壊された事件を「災厄」と呼ぶようになった。一部の生存者はコルサントで抗議の暴動を起こしたが、その結果大勢の者が逮捕、または殺害された。[6]

レイアのジレンマ

「すでに帝国がオルデラニアン狩りを始めたとの噂もある。君まで失ってはたまらん」
―レイア・オーガナに対し、ジャン・ドドンナ[出典]
Leia and evaan

レイアとエヴァン・ヴァーレイン

災厄の直後、反乱同盟はヤヴィンの戦いで帝国と対決した。デス・スターはこの戦いで反乱軍パイロットルーク・スカイウォーカーによって破壊された。[5] 反乱同盟は衛星ヤヴィン4グレート・テンプルで勝利を祝う式典を開いた後、帝国の報復攻撃を避けるため、すぐに撤退活動を開始した。そんな中、オルデランの室であるオーガナ家の最後の生き残りとなったプリンセス・レイア・オーガナは、同郷の反乱軍パイロットエヴァン・ヴァーレインと出会った。エヴァンは帝国がオルデラニアンの生存者を狩り出しているという噂をレイアに教えた。レイアは残された民の救出任務に乗り出すことを決意し、エヴァンも彼女に同行することになった。[1]

帝国がレイアの首に賞金をかけていたため、反乱同盟のジャン・ドドンナ将軍はレイアがグレート・テンプルを離れることを許可しなかった。しかしレイアはエヴァンやアストロメク・ドロイドR2-D2を引き連れ、T-1シャトルに乗って無断でヤヴィン4から出発した。ドドンナはすぐにルーク・スカイウォーカーウェッジ・アンティリーズT-65B Xウイング・スターファイターを送り出し、プリンセスを連れ戻そうとした。ルークはT-1シャトルの進行方向に入ってハイパースペース・ジャンプを阻止しようとしたが、エヴァンはハイパードライブアルヴィアル・ダンパーが故障して外れたかのように見せかけ、ルークとウェッジを欺いた。エヴァンは彼らのすきを見逃さず、ヤヴィン星系からジャンプすることに成功した。[1]

救出任務

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場エピソード

参考資料

脚注

銀河内戦
銀河系のタイムライン

前:初期反乱運動 · ジェダイの粛清 · ジェダの反乱

同時期:パルチザンの反乱 · ライロスの反乱

次:冷戦

銀河内戦の戦い
0 BBY スカリフ · タトゥイーン(I) · マッド・ラッシュ作戦 (ヴァー・アシュファイア)
デス・スター · ヤヴィン
0 ABY タナブ · ヤヴィン4 · オルデラン難民 · シーアコン · ラニク
ローディア · フェックス · デノン · ペイシャー · オメレス
ギジュー · 第3ウサイタ星系 · デヴァロン · ティブリン
サイムーン1 · タトゥイーン(II) · モンスア星雲 · ナー・シャッダ
ヴロガス・ヴァス · コルサント(I) · サンスポット監獄 · ゴースト・ムーン
ハービンジャー · タリーンVII · スコリ=レイ
1 ABY ミッド・リム撤退戦 (ヘイドラル・プライム · コヤーティ · チョンセッタ星系 · レッドハーン星系)
3 ABY サンダーストライク · ホス (I) · クラウド・シティ (I) (II)
リングブレイカー作戦 (マードナIII · オバムボ · ナジャン=ロヴィ
ナカディア · ナートア · ザゴバ · クリクオ帯) · イニュス・トア
4 ABY イエロー・ムーン作戦 · インヴィンシブル・フェイス · タトゥイーン (III)
フダラ星系 · エンドア (I) · コルサント内戦 (モニュメント・プラザ)
エンドア (II) · カワ・シティ · シンダー作戦 (フォンドア · ヴァードス · ナブー)
タイロン · 鉄の封鎖 (ベスピン) · マラステア · アキヴァ (I) · ナーロル
ジオノーシス · ウイター · セヴァルコス · アキヴァ (II) · ベスピン
5 ABY ヴェタイン · タコダナ · ハイボリアンの月 · ヴォーラグ · ワイルド・スペース
ナグ・ユブデュア (ゴヴネ・リッジ · ビンジャイ=ティン) · アケニス · クワット
キャッシーク · シャンドリラ · チヌーク・ステーション · サラスト
ナブー包囲戦 · ジャクー
関連記事
銀河帝国 · 反乱同盟 · 新共和国 · シス · ジェダイ · ハット・クラン
デス・スター · 第2デス・スター · 帝国元老院の解散 · 災厄 · ロイヤル・アワード・セレモニー
アナキン・スカイウォーカーの葬儀 · 解放記念日 · 終末司令 · 帝国=新共和国和平会談 · 銀河協定
  [Source]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。