Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

オンダロン[1](Onderon)はインナー・リムジャプレイル宙域に属す温暖な惑星である。ジャプレイル星系の8つの惑星のひとつだったオンダロンは、軌道に4つの衛星を持っていた。もっとも内側の軌道を巡る密林の月ディクサンは、1に一度、大気が交わるほどオンダロンに接近した。そのためディクサンの猛獣がオンダロンを徘徊するようになり、惑星の人々は城壁に囲まれた巨大都市イジスを建造した。

ヤヴィンの戦いの4,000以上前、シスの暗黒卿フリードン・ナッドがオンダロンを訪れ、シス魔術を使って平和的な惑星の民衆を支配した。彼は犯罪者や敵対者をイジスの外に追放する政策をとったが、やがて城壁外部の過酷な環境を生き残る者たちが現れ、ビースト・ライダーとなった。彼らはビースト大戦と呼ばれる内戦でイジスと対立し、この戦いはナッドの後も続いた。ジェダイの介入で紛争が終結した後、オムミンに率いられたナッド教徒フリードン・ナッドの反乱を起こしたが、銀河共和国とジェダイの連合軍によって鎮圧された。

その後、オンダロンはシス大戦マンダロリアン戦争マンダロリアン戦士団に襲撃された。侵略者は撃退されたが、孤立主義に戻ったオンダロンでは、再び内部抗争が勃発する。共和国はこの内戦でロイヤリスト側を支持し、ダース・ナイアリス率いるシス軍は脱退主義者側を支援した。オンダロンの内戦はロイヤリスト側の勝利によって終結する。その後、オンダロンはクローン戦争戦場になり、銀河内戦シャドウ・ハンド作戦では、皇帝パルパティーンの最後のクローンがこの惑星で敗北した。

特徴

Dxun approach

オンダロンとディクサンの大気がつながる現象(3996 BBY

オンダロンは、インナー・リムジャプレイル宙域ジャプレイル星系に属す惑星だった。オンダロンは、黄色い[2]恒星プレイルの周りを巡り、ディクサンダグリイーヴァスサスアという4つの衛星を有していた。この惑星は、レッサー・ランティリアン・ルートと呼ばれるハイパーレーンの上に位置していた。最も近い衛星のディクサンは、1に一度、大気が交わるほどオンダロンに接近した。ディクサンの密林には獰猛な生き物が数多く生息しており、衛星の固有種族がオンダロンの地表へと移ってくることがあった。

オンダロンに住んでいた人間は、猛獣と戦いながら生きていた。彼らオンダロニアンは獣から身を守る方法を発達させ、やがて城壁に囲まれた都市イジスを建造した。イジスを建造するより以前、オンダロンの民衆は平和を好む性質だった[3]。しかし、周辺にある他の多くの惑星の住民と同様、オンダロニアンも非人間種族に対する不信感を持っていた。

歴史

初期

5200から4600 BBYのあいだに、人間の入植者を乗せた最初のコロニー・シップが惑星オンダロンに到着した。衛星ディクサンの凶暴な肉食獣によって人口が激減したため、オンダロンの住民は首都のイジスを防衛するために城壁を建設することになった[3]

暗黒卿の統治とビースト大戦

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。