「皇帝陛下の命に従い、我々はゼフォを占領し、その住民を移転させました。オーガー計画のためのデータや遺物はまだ得られていません。電磁気を帯びた風により、採掘機材が使えなくなっている上、危険な生物により命を落とす兵士が増えています。この星での任務達成は不可能です。持ち込んだ装備が盗まれないよう基地のみを残して、計画を破棄することを提案します」
ストームトルーパー[出典]

オーガー計画(Project Auger)は銀河帝国皇帝シーヴ・パルパティーンの命令のもとに行った司令である。この計画の一環として、帝国は惑星ゼフォを占領して発掘施設を設置し、古代の遺物を掘り出した。ゼフォに住んでいた人々は占領に伴って強制的に別の場所への移動を強いられ、彼らの居住地やその付属物は帝国条例94364に従って帝国の管理下に置かれた。しかしゼフォの電磁気を帯びた嵐のせいでテクノロジーが使えなくなったり、危険な土着生物によってストームトルーパー者が出るなど、発掘作業は難航を極めた。帝国軍将校クレーンは皇帝に気に入られるため熱心にオーガー計画に取り組んだが、ストームトルーパーの中にはゼフォの放棄を進言する者もいた。実際、オーガー計画は一度中断されたが、14 BBYジェダイパダワンカル・ケスティスが古代の霊廟を発見した後、帝国の活動も再開されることになった。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。