FANDOM


「この星を反乱者の基地に使うのは無理みたい!」
エズラ・ブリッジャー[出典]

オーサロン(Oosalon)はアウター・リム・テリトリーに位置する荒涼とした惑星である。

特徴

オーサロンは銀河系アウター・リム・テリトリーに位置する[1] 荒涼とした[3] 惑星[4]洞窟の地形が広がっていた。[1][2] オーサロンは人間をはじめとする酸素を呼吸する種族に適した大気を有し、ティビディーなどのクリーチャーが棲み着いていた。[2]

歴史

ナブー危機以前、惑星オーサロンの軍将グァッターコは、誘拐した子どもたちを兵士に仕立て上げ、少年少女の軍勢を指揮していた。彼らはハットから資金提供を受けながらテロ行為を働き、フィニス・ヴァローラム最高議長ジェダイ・オーダーの注意を引いた。オーサロンに派遣されたジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥはグァッターコの軍勢に捕まり、ライトセーバーを破壊されてしまう。しかし捕虜としてグァッターコの拠点に連れて行かれたウィンドゥは、フォースを使ってセーバーを再構築し、軍将に戦いを挑んだ。結局グァッターコは誘拐した少年のひとりに撃ち殺され、軍将の脅威に終止符が打たれた。[2]

3 BBYフェニックス戦隊の秘密基地にふさわしい候補地を捜索していたジェダイケイナン・ジャラスエズラ・ブリッジャーは、調査のためオーサロンを訪れた。彼らはオーサロン・メサ尋問官フィフス・ブラザーセヴンス・シスター襲撃されたが、巨大なティビディーの背中に乗って逃げ出した。[2]

制作の舞台裏

オーサロンは2016年3月2日に放送されたアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』のエピソード『忍び寄る闇』で初登場を果たした。惑星の名前は作中では言及されていないが、公式サイトStarWars.comのエピソード・ガイドにて、脚本上でオーサロンと名付けられていることが明かされた。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。