Fandom


24行: 24行:
 
|apprentices=}}
 
|apprentices=}}
 
{{Quote|この兵器の破壊力は無限だ|[[アナキン・スカイウォーカー|ダース・ヴェイダー]]に対し、クレニック長官|url=https://www.youtube.com/watch?v=EEGnxUzdfmA}}
 
{{Quote|この兵器の破壊力は無限だ|[[アナキン・スカイウォーカー|ダース・ヴェイダー]]に対し、クレニック長官|url=https://www.youtube.com/watch?v=EEGnxUzdfmA}}
'''オーソン・クレニック'''(Orson Krennic)は[[人間]]の[[性別|男性]]で、[[銀河帝国]]に仕えた高階級[[帝国軍将校|将校]]。[[銀河大戦]]中、クレニックは[[先進兵器研究部門]]の[[長官]]を務めた。
+
'''オーソン・クレニック'''(Orson Krennic)は[[人間]]の[[性別|男性]]で、[[銀河帝国]]に仕えた高階級[[帝国軍将校|将校]]。[[銀河大戦]]中、[[帝国軍]][[先進兵器研究部門]]の[[長官]]を務めた。[[ヤヴィンの戦い]]以前、クレニック長官は帝国が誇る[[デス・スター]]・プロジェクトの保安任務を任され、[[軍情報部|帝国情報部]]のエリート兵士[[デス・トルーパー]]から成る[[分隊]]の指揮を執った。
 
==個性と特徴==
 
==個性と特徴==
クレニックは人間の男性で、肌は白く、グレーの髪と青い目を持っていた。彼は[[帝国保安局]]局員の制服に似た白い[[帝国軍の軍服|軍服]]を着用し、[[帝国軍将校]]としては珍しく[[ケープ]]を羽織っていた。[[銀河皇帝|皇帝]][[ダース・シディアス|シーヴ・パルパティーン]]の目に留まりたいと願っていたクレニック長官は、帝国組織に関する知識を駆使してヒエラルキーの上層部へと上り詰めていった。彼は予測不能不安定な性格の持ち主として知られた。
+
クレニックは人間の男性で、肌は白く、グレーの髪と青い目を持っていた。彼は[[帝国保安局]]局員の制服に似た白い[[帝国軍の軍服|軍服]]を着用し、[[帝国軍将校]]としては珍しく[[ケープ]]を羽織っていた。[[銀河皇帝|皇帝]][[ダース・シディアス|シーヴ・パルパティーン]]の目に留まりたいと願っていたクレニック長官は、帝国組織に関する知識を駆使してヒエラルキーの上層部へと上り詰めていった。彼は予測不能かつ不安定な性格の持ち主として知られた。
 
==舞台裏==
 
==舞台裏==
 
[[ベン・メンデルソーン]]が[[2016年]]公開の[[スター・ウォーズ アンソロジー・シリーズ]]映画『[[ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー]]』でクレニックを演じる。メンデルソーンのキャスティングは[[2015年]][[8月15日]]に発表された。
 
[[ベン・メンデルソーン]]が[[2016年]]公開の[[スター・ウォーズ アンソロジー・シリーズ]]映画『[[ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー]]』でクレニックを演じる。メンデルソーンのキャスティングは[[2015年]][[8月15日]]に発表された。

2016年10月13日 (木) 16:45時点における版

Rogue One Logo

ネタバレの予感がする…

※ネタバレ注意:このページは映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』からの大きなネタバレ情報を含みます。

「この兵器の破壊力は無限だ」
ダース・ヴェイダーに対し、クレニック長官[出典]

オーソン・クレニック(Orson Krennic)は人間男性で、銀河帝国に仕えた高階級将校銀河大戦中、帝国軍先進兵器研究部門長官を務めた。ヤヴィンの戦い以前、クレニック長官は帝国が誇るデス・スター・プロジェクトの保安任務を任され、帝国情報部のエリート兵士デス・トルーパーから成る分隊の指揮を執った。

個性と特徴

クレニックは人間の男性で、肌は白く、グレーの髪と青い目を持っていた。彼は帝国保安局局員の制服に似た白い軍服を着用し、帝国軍将校としては珍しくケープを羽織っていた。皇帝シーヴ・パルパティーンの目に留まりたいと願っていたクレニック長官は、帝国組織に関する知識を駆使してヒエラルキーの上層部へと上り詰めていった。彼は予測不能かつ不安定な性格の持ち主として知られた。

舞台裏

ベン・メンデルソーン2016年公開のスター・ウォーズ アンソロジー・シリーズ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でクレニックを演じる。メンデルソーンのキャスティングは2015年8月15日に発表された。

登場作品

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。