FANDOM


「オーダー66を遂行せよ」
ダース・シディアス[出典]

オーダー66(Order 66)、別名クローン・プロトコル66(Clone Protocol 66)はジェダイ銀河共和国反逆者とみなし、共和国グランド・アーミークローン・トルーパーに彼らの処刑を命じる最高機密指令である。銀河共和国クローントルーパー内に行動抑制チップを埋め込まれており、それまで一緒に戦っていたジェダイ将軍の抹殺を命じられても疑問を持つことなく指令を遂行するようプログラムされていた。クローン・トルーパーを設計したカミーノアン科学者たちは、この指令が反逆者のジェダイに対してのみ用いられる緊急用プロトコルだと考えていた。しかし実際は、オーダー66はシスの暗黒卿ジェダイ・オーダーを壊滅させるために仕組んだ陰謀だった。

シスの計画はクローン戦争終盤まで誰にも気づかれることがなかったが、リンゴ・ヴィンダ戦いのさなか、行動抑制チップに不調をきたしたトルーパーCT-5385がオーダー66を勝手に遂行し、ジェダイ将軍ティプラーを殺す事件が起きた際、あやうく陰謀が露呈しかけた。CT-5385の不調はリンゴ・ヴィンダのウイルスが原因ということで処理されたが、同僚のトルーパーCT-5555分離主義者の陰謀が関係しているのではないかと疑い、独自に調査を行った。CT-5555はカミーノでチップの存在を知り、それがクローンとジェダイを敵対させるためのものであることや、最高議長シーヴ・パルパティーンが陰謀に関与していることを突き止めた。彼はコルサントで逃亡し、その事実をジェダイの上官であるアナキン・スカイウォーカーに伝えようとしたが、コルサント・ガードクローン・ショック・トルーパーCC-1010に殺されてしまい、シスの秘密は守られた。

クローン戦争の末期、ジェダイ最高評議会が最高議長の意図に不信感を募らせるなか、ついにオーダー66が実行の時を迎えた。19 BBY、パルパティーンの正体がシス卿ダース・シディアスであることを知ったジェダイ・マスターのグループが、最高議長の逮捕を試みた。パルパティーンはこの事件を口実に利用してジェダイ・オーダーに反逆者のレッテルを貼り、銀河系各地の戦場に散っていたジェダイを始末するためオーダー66を発令した。大勢のジェダイが共和国転覆を企てた反逆者として部下のクローン・トルーパーによって殺され、コルサントのジェダイ・テンプルにいた者たちは、パルパティーンの新しい弟子ダース・ヴェイダー率いる第501軍団によって粛清された。シスによる“ジェダイの粛清”はオーダー66によってほとんど達成されたが、グランド・マスターヨーダやマスター・オビ=ワン・ケノービといった一部のジェダイは攻撃を生きのびた。その後パルパティーンは共和国を銀河帝国再編成し、自らを皇帝と称した。

概要

CloneInhibitorChip-Fugitive

行動抑制チップ

「証拠はここにあります。全てのクローンの頭の中です」
「何だと?」
「遺伝コードに組み込まれた有機物チップです」
―クローン・トルーパーCT-5555CT-7567[出典]

クローン・プロトコル66は、共和国グランド・アーミークローン・トルーパーたちに製造段階から組み込まれていた。[6] 惑星カミーノで製造されたあらゆるクローンは、行動抑制チップという有機物のチップを埋め込まれていた。[7] このチップはクローンに最高機密指令への服従を強制させるためのもので[8]銀河共和国最高議長シーヴ・パルパティーンの声によって起動された。パルパティーンがホログラム通信を介してオーダー66の遂行を口頭で命じるだけで、クローンは忠実に指令を完遂した。[1] ひとたび起動されたバイオ=チップはクローンに完全服従を強制し、クローンが個人的な意志で動こうとしても免れることはできなかった。クローンはオーダー66発令時にジェダイを抹殺すべき危険な脅威とみなすよう設定されていた。[9]

歴史

発令以前

「優秀な兵士は命令に従う」
―CT-5385[出典]

クローン戦争勃発の10ほど前、ジェダイ最高評議会のメンバーであるジェダイ・マスターサイフォ=ディアスが、銀河共和国のためのクローン軍団を惑星カミーノに発注した。[10] これを知った元ジェダイのシス卿ドゥークー伯爵は、ジェダイ・オーダー壊滅というシスの陰謀のために、ジェダイのふりをしてカミーノアンのクローン技師にバイオ=チップを提供した。クローン・プロトコル66を内蔵したこのチップは、ジェダイに対する攻撃を確実に遂行させるため、クローンを完全服従させる効果を持っていた。チップはカミーノアンによって成長段階の初期フェーズで全てのクローンの脳内に埋め込まれた。[7]

PrematureExecution-TU

タップのプロトコル66が誤って起動されたことで、ジェダイのティプラーが命を落とした

クローン戦争の終盤、シスが密かに計画していたオーダー66の陰謀があやうく露呈しかけた。“タップ”というニックネームで知られたクローン・トルーパーCT-5385のバイオ=チップが機能不全をきたし、オーダー66が誤作動してしまったのである。バイオ=チップが故障した結果、タップは正常な状態とトランス状態を行き来した。リンゴ・ヴィンダで行われた戦いのさなか、トランス状態に陥ったタップは、ジェダイ・マスターのティプラーを射殺した。共和国軍は攻撃を一時中断し、タップに何が起きたのかを調査しようとした。リンゴ・ヴィンダの事件を知ったドゥークー伯爵と彼のマスターであるダース・シディアス(彼は表向きにはシーヴ・パルパティーン最高議長として活動していた)は、オーダー66を含むクローン戦争の真の計画がジェダイに知られてしまうことを危惧した。独立星系連合はタップを誘拐したが、共和国軍は彼を奪い返し、更なる調査のために惑星カミーノへ連れて行った。[9]

クローン・プロトコルに関する真実を知るカミーノアンたちは、タップを調査し、ジェダイを殺すよう仕向けた原因はウイルスだったと主張した。[7] しかし“ファイブス”というニックネームで知られるトルーパーCT-5555は彼らの主張を信じず、タップの体内からチップを発見した。ファイブスは医療ドロイドAZI-3の助けを借りて自分の頭の中にもチップが埋め込まれていることを知る。AZI-3は調査のためにファイブスのチップを除去し、全てのクローンに同様のチップが埋め込まれていることを突き止めた。[6] 調査を続けるためコルサントに赴いたファイブスは、パルパティーン最高議長と対面し、彼こそ陰謀の黒幕であることを知った。パルパティーンはファイブスに議長暗殺計画の濡れ衣を着せ、ジェダイや他のクローンに彼を追跡させた。ファイブスは真実を知りながらも、ジェダイのアナキン・スカイウォーカーキャプテンレックスにそれを伝えることができないまま、クローン・ショック・トルーパーCC-1010に殺されてしまった。その後ジェダイ・オーダーは、タップの行動の原因はウイルスだったという説明を受け入れた。[8]

Yoda vision of the Jedi Purge

ヨーダがダゴバで見たジェダイ破滅のヴィジョン

その後、ジェダイ・オーダーはクローン軍団誕生にシスが関与していたことを知った。アナキン・スカイウォーカーとオビ=ワン・ケノービが惑星オバ・ダイアでサイフォ=ディアスの足取りを追った結果、クローン軍団の発注が行われた後、“タイラナス”を名乗るドゥークー伯爵がカミーノにおけるクローン製造に介入し、ジャンゴ・フェットを遺伝子提供者に選んでいたことが発覚した。ジェダイ評議会はもしクローン・トルーパーが刃向かってきたら脅威になり得ると考えたが、オーダー66の存在までは知らなかったため、戦争に勝つために必要なクローン軍の使用を中止することも無かった。[11] その後まもなく、不死の秘密を調査する旅に出たジェダイのグランド・マスター・ヨーダは、惑星ダゴバでオーダー66にまつわるヴィジョンを見た。[12] ヨーダはジェダイがクローン戦争に負けることを悟ったが、その詳細を予知することはできなかった。しかし、彼はたとえこの戦争に負けても、長い目で見ればジェダイが最終的に勝利するだろうと信じていた。[13]

指令の遂行

「そなたの友人オビ=ワン・ケノービも含め、ジェダイはひとり残らず共和国の敵と心得よ」
―ダース・ヴェイダーに対し、パルパティーン[出典]
Aayla Order 66

クローンに取り囲まれたアイラ・セキュラ

オーダー66の秘密を守りぬいたパルパティーンとドゥークーは、クローン戦争の計画を先に進めた。戦争終盤、ジェダイ・オーダーに対する一般市民の反感が強くなっていったが[14]、パルパティーンは人気の指導者のままだった。ドゥークー伯爵とグリーヴァス将軍が死に、ジェダイが戦争の終結を期待し始めた頃、パルパティーンは自分がシスの暗黒卿であることをアナキン・スカイウォーカーに明かした。アナキンから報告を受けたマスター・メイス・ウィンドゥは、ジェダイ評議員のキット・フィストーエージェン・コーラーサシー・ティンを率いて元老院オフィス・ビル内にある議長の執務室に赴き、パルパティーンの逮捕を試みた。ライトセーバー対決で3人のジェダイ・マスターを殺した後、パルパティーンはアナキンを誘惑して味方につけ、最後のひとりであるウィンドゥも倒した。フォースのダークサイドに転向したアナキンは、ドゥークーに代わってパルパティーンの新しいシス・アプレンティスとなり、“ダース・ヴェイダー”という新しい名前を与えられた。[1]

パルパティーンはジェダイが議長を殺して共和国を乗っ取ろうとしたことを口実に、ジェダイ・オーダーのメンバー全員を国家の反逆者とみなした。彼は執務室からオーダー66を発令し、銀河系の各地へ派遣されていたクローン・コマンダーに指令遂行を命じた。それから数分のうちに、プロ・クーン惑星ケイト・ニモーディアクローン・キャプテンジャイガラーに撃墜され、アイラ・セキュラフェルーシアコマンダーブライ第327星間兵団の手にかかって倒れ、キ=アディ=ムンディはコマンダー・バカーラギャラクティック・マリーンズによって射殺された。オビ=ワン・ケノービはヴァラクティルボーガにまたがって惑星ウータパウ戦っていたときにコマンダー・コーディから奇襲攻撃を受けたが、生きのびて姿を隠した。またキャッシークカチーホ戦いの指揮を執っていたヨーダは、フォースを通して他のジェダイの死を察知し、背後から近づいてきたコマンダー・グリーを返り討ちにした。[1]

Caleb Dume and Depa Billaba fight clone troopers

オーダー66に抵抗するビラバとデューム師弟

マスター・デパ・ビラバと弟子のケイレブ・デュームは、惑星カラーの野営地でコマンダー・グレイ大隊による奇襲を受けた。このとき瞑想をしていたビラバは、他のジェダイが殺されるフォース・ヴィジョンを見たため、奇襲が始まる直前に弟子に警告を放つことができた。ビラバはライトセーバーを使ってクローン・トルーパーを数名倒し、デュームを逃がすため自らを犠牲にした。[2]

コルサントでは、ダース・ヴェイダー率いる第501軍団クローン・トルーパージェダイ・テンプル攻撃し、オーダー66発令時この建物の中にいたジェダイたちを虐殺した。ヴェイダーもライトセーバーで戦闘に参加し、マスター・シン・ドローリグベネイウイー・マルローらを殺害した。[1] ジェダイ評議員のシャアク・ティ[5]最高評議会室に隠れていた幼いジェダイ・イニシエイトもヴェイダーによって殺された。ジェダイと親しい惑星オルデランベイル・オーガナ元老院議員は異変を知ってテンプルに駆けつけたが、コマンダー・アポーから退去を命じられた。ジェダイ・パダワンのゼット・ジュカッサ[1] クローン・サージェントフォックス[15] に殺されるのを目撃した後、オーガナはテンプルから逃げ去った。[1]

オーダー66の実行によってジェダイ・オーダーは壊滅した。その後パルパティーンは銀河元老院演壇に立ち、ジェダイが共和国の転覆を企てたが、反乱は未然に阻止されたと説明した。元老院議員の多くはパルパティーンの説明を信じ、拍手をもってスピーチを受け入れた。ジェダイ・オーダーという障害物を排除し、既に戦争を利用して大きな権力を掌握していたパルパティーンは、共和国を銀河帝国へ再編することを元老院で宣言し、自らその初代皇帝となった。ヴェイダーを新しい弟子に迎えたパルパティーンは、この改革によってシス卿による銀河系支配という悲願をついに達成した。[1]

キャプテン・レックスやコマンダー・ウォルフクローン・コマンドーグレガーといった一部のクローンは、頭部に埋め込まれた行動抑制チップを除去することに成功していた。[16] こうしたクローンのうち、少なくともレックスはオーダー66以前にチップを摘出していたため、ジェダイの処刑に加担しなかった。[3]

生存者のその後

「生き残っているジェダイも討伐され、敗北するであろう!」
―シーヴ・パルパティーン[出典]

一部のジェダイはオーダー66を生きのび、帝国時代が始まると逃亡生活や隠遁生活を送った。皇帝パルパティーンはダース・ヴェイダーや尋問官と呼ばれるジェダイ・ハンターたちを送り出し、ジェダイの生存者の捜索を行った。[17][18] かつてジェダイ・テンプル・ガードだったパウアン大尋問官をはじめ[19]、尋問官は皆もともとジェダイ・オーダーのメンバーだったが、既にダークサイドに転向してジェダイではなくなっていたことから、オーダー66の処刑対象とはならなかった。[17]

Obi-Wan Kenobi and Bail Organa Discuss The Situation

オーダー66を生き延びたオビ=ワン

オーダー66を生きのびたオビ=ワン・ケノービとヨーダは、ベイル・オーガナ議員のCR70コルベットタナヴィーIII>で合流した。彼らはこれ以上ジェダイの犠牲者が出るのを防ぐため、ジェダイ・テンプルに侵入してジェダイ・ビーコンを発信し、まだ生きている仲間にコルサントには近づかないよう警告を放った。その後、オビ=ワンは惑星ムスタファーでかつての弟子であるヴェイダーと対決し、勝利を収めた。一方ヨーダは元老院ビル議事堂でパルパティーンの暗殺を試みたが、失敗に終わった。その後2人はパドメ・アミダラ議員が出産したヴェイダーの双子の息子ルークレイアの安全を確保し、オビ=ワンは惑星タトゥイーンで、ヨーダは惑星ダゴバで隠遁生活を送った。[1] 20年近く後、オビ=ワンとヨーダはルーク・スカイウォーカーにジェダイの訓練を施し、新世代のジェダイの復活に貢献した。[20][21]

デパ・ビラバの犠牲でオーダー66を生き延びたパダワンのケイレブ・デュームは、カラランジェイナス・カスミアスターシップカスミリ>でコルサントに戻ったが、そこでARC-170スターファイターの待ち伏せに遭った。カラーに逃げ戻り、しばらくカスミアの相棒として活動した後、デュームは“ケイナン・ジャラス”と名前を変え、新しい人生を開始した。[2] 彼はジェダイであることを隠し、10年以上にわたって一般人として生活したが、やがて<ゴースト>の船長ヘラ・シンドゥーラと出会い[22]、“スペクターズ”反乱分子のメンバーとして活動するようになった。彼はフォース感応者のエズラ・ブリッジャーを弟子にとり、帝国に対する初期反乱運動に身を投じた。[23]

ジェダイ・マスターのキラック・インフィラは、ジェダイの活動から身を引く“バラシュの誓い”を実践していたため結果的にオーダー66を生きのびた。クローン戦争終結時、彼は大勢の仲間が死んだことをフォースで察知した。しかし彼は帝国設立直後にダース・ヴェイダーに発見され、対決に破れて命を落とした。[24] ジェダイ・アーカイブ主任司書であるジョカスタ・ヌーは、コルサントから脱出して安全な惑星に逃げのび、そこでジェダイ再建に向けた活動を開始した。新世代のジェダイを育てる学校を作ろうと考えたヌーは、若きフォース感応者のリストが記録されているカイバー・メモリー・クリスタルを回収するためテンプルに戻ったが、そこで大尋問官やヴェイダーに見つかり、殺されてしまった。[17]

Execute Order 66 DV16

帝国のトルーパーにマインド・トリックを仕掛け、尋問官に対してオーダー66を再執行するよう命じるフェレン・バー

オーダー66を生きのびたジェダイ・パダワンのフェレン・バーは、ジェダイを支持する信奉者のグループを形成し、惑星モン・カラに潜伏した。モン・カラ王国の指導者リー=チャー顧問となったバーは、モン・カラマリと帝国の対立を扇動し、18 BBYモン・カラの占領を引き起こした。彼は大規模な反乱運動を生むためなら、モン・カラを犠牲にするのもやむを得ないと考えていたのである。この戦いのさなか、バーは尋問官とその手下であるインクィジター・トルーパーの部隊とベル・シティ対決した。バーはフォースのマインド・トリックを使ってトルーパーたちの精神に働きかけ、尋問官がジェダイの生存者だと思い込ませ、この場でオーダー66を執行するよう命じた。尋問官のテンス・ブラザー(元ジェダイ・マスター、プロセット・ディブス)はバーに操られたインクィジター・トルーパーとの戦いで殺された。しかしその直後、バーもダース・ヴェイダーとの対決に敗れて命を落とした。[25]

マスター・イース・コスはジェダイとしての生き方を捨て、ガンシック啓蒙教会司祭となった。彼はザブラクの女性ミラと結婚したが、が生まれた直後にダース・ヴェイダーに見つかり、粛清された。コスの娘はハーヴェスター計画のために連れ去られた。またこの頃、尋問官はオーダー66を生き延びたジェダイのリストを作成していた。このリストにはヨーダやオビ=ワン・ケノービ、コールマン・カジオポー・ランシセスカ=ムーン・コリセルラーク・エルオスらが名を連ねていた。[18]

ルミナーラ・アンドゥリはオーダー66を生き延びたが、帝国に捕まってスティジョン・プライムスパイアで処刑された。彼女の亡骸は、反乱者のメンバーであるケイナン・ジャラスをおびき寄せるためのに利用された。[26]

オーダー66発令時マンダロアで戦っていたアソーカ・タノは、既にジェダイから脱退していたにも関わらず、クローン・トルーパーの標的になった。彼女は一緒にいたキャプテン・レックスとともに死を装い、身を隠した。その後、彼女はベイル・オーガナが反乱ネットワークを組織するのに力を貸した。[3]

知られている犠牲者の一覧

知られている生存者の一覧

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 1.14 1.15 1.16 1.17 1.18 1.19 1.20 1.21 1.22 1.23 1.24 1.25 1.26 1.27 1.28 1.29 1.30 1.31 1.32 1.33 1.34 1.35 1.36 1.37 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 スター・ウォーズ:ケイナン1 ラスト・パダワン
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 アソーカ(小説)
  4. カタリスト
  5. 5.0 5.1 5.2 スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス
  6. 6.0 6.1 TCW mini logo クローン・ウォーズ逃亡者
  7. 7.0 7.1 7.2 TCW mini logo クローン・ウォーズ陰謀
  8. 8.0 8.1 TCW mini logo クローン・ウォーズ命令
  9. 9.0 9.1 9.2 TCW mini logo クローン・ウォーズ未知の症状
  10. スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
  11. TCW mini logo クローン・ウォーズ失われた者
  12. TCW mini logo クローン・ウォーズ
  13. TCW mini logo クローン・ウォーズ犠牲
  14. TCW mini logo クローン・ウォーズ爆破犯を追え
  15. 15.0 15.1 スター・ウォーズ フォース コレクション
  16. Rebels-mini-logo 反乱者たち共和国の遺物
  17. 17.0 17.1 17.2 17.3 17.4 スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産
  18. 18.0 18.1 18.2 18.3 18.4 18.5 18.6 スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 ベイダーの城
  19. Rebels-mini-logo 反乱者たち忍び寄る闇
  20. スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
  21. スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
  22. 新たなる夜明け
  23. スター・ウォーズ 反乱者たち/反乱の口火
  24. 24.0 24.1 スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 帝国の爪牙
  25. 25.0 25.1 25.2 スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 燃える海
  26. 26.0 26.1 Rebels-mini-logo 反乱者たちマスター救出作戦
  27. ジェダイの継承者
  28. SWInsider small "The End of History"—Star Wars Insider 154
  29. 29.0 29.1 29.2 29.3 スター・ウォーズ・アップライジング
クローン戦争
銀河系のタイムライン

前:分離主義危機

次:ジェダイの粛清 · ライロスの反乱

クローン戦争の戦い
22 BBY ジオノーシス(I) · アンター4 · 共和国兵員輸送船 · クリストフシス(I) · テス(I) · ジャバの宮殿(I) · ズィロの宮殿 · アーゴナー · ライロス · ルゴサ · アブレガド · リンデリア星系 · カリーダ星雲(I) (II) · ミンバン · ティブリン · リシ・ムーン · ファリーン · ボサウイ · 外回廊 · スカイトップ・ステーション · ローディア(I) · トランクィリティ · ヴァセック3 · ヴァンコア(I) · フローラム(I) · クエル · マリダン · オルトー・プルトニア(I) (II)
21 BBY ナブーの研究所 · アイエゴ · フェルーシア(I) · ジェダイ・テンプル(I) · デヴァロン(I) · グリー・アンセルム · ローディア(II) · ナブー(I) · ブラック・ストール・ステーション · ムスタファー(I) · フェルーシア医療ステーション · フェルーシア(II) · マラステア · ジロ・ビースト事件 · ケイト・ニモーディア(I) · マーカナ · Dorin · Geonosis (II) · Dantooine · TB-73 · Capture of Eeth Koth · Saleucami (I) · Republic cruiser · Concordia · Coronet · Plot to assassinate Satine Kryze · Endurance · Vanqor (II) · Florrum (II) · Mandalore (I) · Sundari docks · カミーノ · パントラ · 元老院人質事件 · テス(II) · コルサント中央送電網 · 連合市民への攻撃
20 BBY サラスト · セレノー(I) · デヴァロン(II) · トイダリア · モーティス · ローラ・サユー · フェルーシア(III) · Wasskah · Mon Cala · Naboo (II) · Aleen · Patitite Pattuna · Rescue of Adi Gallia · アンバラ · キロス · ザイゲリア · カダーヴォ · カーラック · Central Detention Center · Orondia · Serenno (II) · Theed · Dathomir (I) · Raydonia (I) and (II) · オンダロン · クルーシブル · Obi-Wan Kenobi's fleet · Florrum (III) and (IV) · Unidentified planet · Aut-O's flagship · Abafar · Carida · Outer Rim spaceport · Cybloc transfer station · Florrum (V)
19 BBY
アウター・リム包囲作戦
ムスタファー(II) · ナル・ハッタ · ジャバの宮殿(II) · マンダロア(II)
サンダーリ · Cato Neimoidia (II) · Jedi Temple (II) · Republic military base · Capture of Ahsoka Tano · Jedi Temple (III) · Ringo Vinda · Tipoca City · Grand Republic Medical Facility · Level 1325 · Scipio (I) and (II) · Bardotta · Zardossa Stix · Oba Diah · Moraband · Utapau (I) · Anaxes · Yalvik Prime · Skako Minor · Mahranee · ハルウン・コル · Raxus · Serenno (III) · Spire · Zanbar · Ord Mantell · Vizsla Keep 09 · Dathomir (II) · Serenno (III) · Rescue of Quinlan Vos · Separatist storage base · Vanqor (III) · Christophsis (II) · ジェダイ・テンプル(IV) · カルドア · マイギートー(I) · ロコリ · ジオノーシス(III) · コルサント · マンダロア(III) · サルーカマイ(II) · キャッシーク · ウータパウ(II) · マイギートー(II) · フェルーシア(IV) · ケイト・ニモーディア(III) · カラー · パルパティーンの執務室 · ジェダイ・テンプル(V) · オーダー66 · ムスタファー(III)
その他 Agamar · Akiva · Grange · Hypori · Khorm · Merj · Phindar · Roche · Sarrish · Sedratis · Separatist cell · Slag's Pit · Tibrin · Thrugii asteroid belt · Unidentified planet · Unidentified sector · ヴァルト · Zequardia
関連記事
銀河共和国 · ジェダイ・オーダー · シス · 独立星系連合

銀河帝国 · オルデラン難民会議 · 連合=共和国和平交渉案
連合=共和国和平会談 · 共和国戦略会議 · シャドウ・コレクティヴ

  [Source]
オーダー66ジェダイの粛清の戦闘
議長の執務室 · ジェダイ・テンプル · ムスタファー(I) · 銀河元老院 · アルドリームの川の月
コルサント · モン・カラ(I) · ベル・シティ · モン・カラ(II) · カラー上空
スティジョン・プライム · ヴィンダル · フォート・アナクセス · ロザル · ムスタファー(II)
共和国医療ステーション · ビルゼン · ハンマータウン · オーサロン · マラコア
[edit]
他言語版