Wookieepedia
Advertisement

オーチ(Ochi)、通称ベストゥーンのオーチ(Ochi of Bestoon)はヒューマノイド男性で、シスの暗黒卿シーヴ・パルパティーンに仕えたシスの暗殺者である。彼はもともとアコライツ・オブ・ザ・ビヨンドを自称するフォースのダークサイド信仰組織や、その指導者である銀河帝国ユープ・タシュ顧問の仲間だった。自らはフォースを使うことができないにも関わらず、禁じられたシスの書物を読み漁ったオーチは、遺物ハンター兼暗殺者としてタシュ顧問のために働いた。[3] やがて銀河帝国は滅びたが、オーチは復活を遂げた銀河皇帝パルパティーンに仕えるシスのカルト教徒のひとりとなった。[2]

新共和国時代、オーチはパルパティーンの孫にあたるレイを捕まえるため、その父親母親を尋問した。しかし彼らはすでにレイを惑星ジャクーに逃がしており、オーチは口を割らない2人をナイフで殺してしまった。やがてオーチの存在は、シスの秘密の惑星エクセゴルを探していたジェダイ・マスタールーク・スカイウォーカーの注意を引いた。オーチが所有していたナイフは、エクセゴルへの旅に必要なシス・ウェイファインダーの在り処を示す手がかりでもあったのである。ルークはシスの暗殺者を見つけるため友人ランド・カルリジアンとともに惑星パサーナへ旅したが、すでにオーチはシフティング・マイアに飲み込まれて息絶えており、捜索は空振りに終わった。[2] オーチの最期がどのようなものであったかは知られていないが、砂漠の地下にはゴージ甲虫につつかれてだけになった死体が取り残された。[3]

35 ABY、かつてのルークと同じ目的で、レジスタンスのメンバーであるレイとフィンポー・ダメロンチューバッカC-3POBB-8らがパサーナにやってきた。彼女たちはルークが見つけられなかったオーチの遺骨とナイフを見つけ出し、スターシップベストゥーン・レガシー>に残されていたオーチのドロイドD-Oを仲間に加えた。[2]

登場作品[]

参考資料[]

脚注[]

Advertisement