Wookieepedia
Advertisement

オールド・ジョーズ・ピット・ストップ(Old Jho's Pit Stop)は惑星ロザルの村ジョザルにあった修理施設兼カンティーナである。アイソリアンオールド・ジョーが経営していた。帝国時代、反乱分子スペクターズのメンバーはこの店の常連だった。ジョーは反乱者たちに協力的であり、反乱同盟設立時には店に反乱分子が集まった。しかしやがてジョーは帝国によって処刑され、ヴァレン・ルドールがピット・ストップの新しいオーナーになった。

特徴

オールド・ジョーズ・ピット・ストップのメニューにはスペース・ワッフルムジャ・ソース、ミンチされたロズ=ラット・パイジョーガンフルーツ・ケーキ、薬味の効いたナイシリン・ティー等があった。クローン戦争時代の遺物がカンティーナの随所を飾っており、店の入り口の上にはリパブリック・アタック・ガンシップクラム・ボマー>の船首が、カウンターの中にはフェイズIクローン・トルーパーのヘルメットが置かれていた。

歴史

銀河帝国を嫌っていたジョーは、店内では常にホロネット・ニュースを放送せよという帝国当局の指示に従っていなかった。<ゴースト>のクルーはこの店の常連客で、安全な避難所としてしばしばジョーのもとを訪れていた。ニュー・オーダー宣言から15年後の帝国の日帝国軍TIEファイター・パイロットがこの店でローディアンの逃亡者シーボを捜索した。

制作の舞台裏

アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科』では誤ってオールド・ジョーズ・ピット・ショップと表記されている。

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement